※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

営業のコツ

キャバクラで売れっ子になれる!?営業LINEのコツを伝授!

# # # #

キャバクラで売れっ子になれる!?営業LINEのコツを伝授!

売れるキャバ嬢になりたい!でも具体的には何をしたらいいかわからないという方もいらっしゃいますよね。そんな方のために、今回は営業LINEのコツをお伝えします。お客さんの迷惑になることなく、もらって嬉しいLINEの方法を知って売れっ子キャバ嬢を目指しましょう。

売れるキャバ嬢の特徴は?

売れるキャバ嬢にはどのような特徴があると思いますか?実は人気のキャバ嬢ともなれば、売れないキャバ嬢が同じお店の女の子同士で飲んでいる間に、アフターを頑張っています。仕事帰りに同僚と飲みに行くのはとても楽しいのですが、その間にどんどん差が開いているのです。お客さんはお金を払っているのですから、その期待に応えられるように高い仕事意識を持って接客しているキャバ嬢はやはり売れやすいですし、陰で地道な努力を続けています。まずは、どんな努力をしているのかみていきましょう。

積極的に名刺交換行うことで自分をアピールしている

フリーで来店したお客さんに名刺をお渡しするのはとても重要です。フリーのお客さんは複数のキャバ嬢が交代で接客するので、その時間はわずか15分ほどです。その短い間に自分を印象付けて次の指名につなげるためには、名刺で差をつける必要があります。お客さんは複数の名刺をもらうわけですから、手書きのメッセージや凝ったデザインの名刺にすることで他のキャバ嬢よりも目立つことができるのです。その場だけの関係にするのではなくて、お客さんが帰ったあとにも思い出してくれるような素敵な名刺を用意しましょう。

来店後のお礼LINEを行っている

お客さんの中には、フリーで遊びその日は誰も指名しないでたくさんの女の子と話すだけという方もいらっしゃいます。その際に指名されなかったらそれで終わりというわけではありません。売れるキャバ嬢は指名をもらえなくてもその際に連絡先を聞いておき、後日お礼のLINEや電話をします。そのやりとりの中でお客さんとの距離を縮めていき、遊びに来てもらえるようにするのです。一度の接客で諦めるのではなく、長期戦に持ち込むことでチャンスを手にしましょう。

こまめに営業電話やLINEをしている

連絡先を交換したら、マメに電話やLINEをしましょう。かといって相手の迷惑を考えずにやみくもに連絡してはいけません。電話をするにしても仕事で出られない時間帯もあるのでいつ電話しても良いのか事前に確認しましょう。LINEの場合は、手軽な分頻繁に送りすぎないように注意してください。しつこくお店に来て欲しいと連絡されても迷惑なだけなので、適度な引き際をわきまえつつ、信頼関係がある程度できてきたらお店に誘ってみるのがいいでしょう。また「〇〇さん」と名前で呼びかけることで営業感は薄れるので、相手の名前を積極的に呼びかけて距離を縮めるの大事なテクニックですね。

売れるキャバ嬢の営業LINE(ライン)とは?

キャバ嬢として売れたいのであれば、営業LINEは必須のテクニックと言えるでしょう。LINEの送り方1つでお客さんの受け取り方や感情は大きく変わってきます。たとえば、毎日のようにお店に来て欲しいと連絡が来たらしつこく営業されている気持ちになりますよね。そうなってしまうとお客さんはお店から遠のいてしまいます。お客さんにLINEをするときは、お店に来て欲しいことを伝えるだけになってはいけません。いろいろな内容を織り交ぜて、ときには特別感を演出しながら「行きたい!」という気持ちを引き出すLINEが、売れるキャバ嬢のLINEです。では、どんな内容のLINEを送ったらいいのか具体的に見ていきましょう。

お礼のLINE

お客さんとのLINEの中でも特に重要なのが、お礼のLINEです。初めて連絡先を交換した場合なども、すぐにお礼のLINEを送りましょう。内容はご飯をご馳走になったのなら「ごちそうさま」、一緒に過ごしてくれたことに対する「ありがとう」といった基本的なお礼にくわえて、実際に話した内容やお客さんを気遣ったり心配したりする言葉を添えるとありきたりにならず思いが伝わりやすいです。実際に話した内容を思い出しながら、お客さん一人ひとりに合った言葉選びができるといいですね。

営業以外のLINE

直接お店には関係のない、営業以外のLINEもおそろかにしてはいけません。むしろ、営業LINEで来店してもらったり、指名してもらったりするにはこうしたたわいのないLINEを大事にしましょう。友達営業や色恋営業をするにしても、お店に来て欲しいと伝えるだけではどうしても営業感が強すぎてしまいます。そうならないように、自分のプライベートをアピールしてください。ヘアスタイルやネイルを変えたら画像付きで送ったり、インドアな方でも料理をしたことやDVDで見た映画を報告してみたりいくらでも方法はあります。お客さんは、自分だけがプライベートを知っているという特別感を得られるので距離を縮めるのにはもってこいです。

誕生日LINE

お客さんの誕生日を知っている場合は、LINEでお祝いの連絡をしましょう。あなたのことを忘れていないというアピールにもなりますし、おめでとうと言われて嬉しくない人はいません。以前の連絡から時間があいていたとしても、連絡するいいきっかけになるでしょう。また、ささやかだけどプレゼントを用意したのでお店に寄って欲しいと伝えれば自然に来店してもらう機会を作ることができます。

売れるキャバ嬢のLINEおすすめテクニック

売れるキャバ嬢はLINEのテクニックをたくさん持っています。4つご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

お客さんに合った頻度で連絡する

最初のテクニックは、お客さんに合った頻度でメールを送るということです。頻繁に連絡が欲しい人や、自分が連絡を取りたい時だけ連絡すればいいと思っている人などお客さんの性格はさまざまです。しかし、その性格や生活リズムに合ったペースでLINEを送ることができれば、お客さんとの連絡は自然と続いていきます。定期的に連絡をとりながら、自分の存在をアピールしていきましょう。おすすめの頻度は下記のペースになります。 

・週3回以上来店してくれるお客さん→週3回~毎日

・週1回来店してくれるお客さん→週2~3回以上

・月に2~3回来店してくれるお客さん→月に3回~週1回以上

プライベートな内容を少しだけ出す

特別感を出す方法として、プライベート見せるのが大事とお伝えしましたが、そのプライベートの内容も意外であればあるほど、印象に残りやすいのは間違いありません。 ネイルに行ったことや美容院に行ったという内容はあらゆるキャバ嬢に共通する話題ですから、新鮮味にかけてしまいます。たとえば、一人で家系ラーメンを食べに行ったとか実は難関資格の勉強をしているとか少年漫画が好きで大人買いしたなど、見た目からは想像できないようなギャップがあればお客さんは食いついてくれるでしょう。意外なプライベートをLINEで伝えてみてください。

お客さんの用事に合わせて連絡してみる

営業LINEのテクニックで、お客さんの行動やイベントに合わせて連絡するというものがあります。誕生日はもちろんですが、大切な会議や接待ゴルフ、出張などのタイミングでLINEを送ることでお客さんのことを覚えているというアピールができます。こういった情報はお店での何気ない会話の中に潜んでいるので、しっかりと聞いて特別感を出していきましょう。

連絡NGな日時を把握しておく

最後にご紹介するテクニックは、連絡してはいけない時間帯を事前に聞いておくということです。お客さんは仕事があったり家庭を持っていたりしますので、四六時中連絡が取れるわけではありません。事前に聞いておけば、両者にとって負担になることなくコミュニケーションを取ることができるでしょう。もし、連絡NGの時間帯を聞けなかった場合は、さまざまな時間帯に連絡して探ってみるのも1つの手段です。いずれにせよ、迷惑をかけることなくお客さんの生活に配慮した連絡を心がけましょう。

売れるキャバ嬢が送らないNGな内容

LINEを送るときに心がけて欲しいのは、ただのお客さんとして扱わないということです。自分勝手な内容や、店に来て欲しいとお願いするだけの内容ではお客さんは離れてしまいます。そうならないために、以下のことを確認してからLINEを送りましょう。

・コピペのような定型文になっていないか

・お客さんに配慮せずしつこく連絡していないか

・読むのに苦労するほどの長い文章になっていないか

・距離感を誤ってしまい内容が踏み込みすぎていないか

・質問ぜめになっていないか

そもそもお客さん一人ひとりに真摯に向き合えば、このような内容になることはありませんので、まずはお客さんを喜ばせるにはどうしたらいいかという意識でLINEしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、売れるキャバ嬢が使っているLINEのテクニックを中心に紹介してきました。営業LINEは売れるキャバ嬢になるための必須ツールではありますが、使い方次第でお客さんの気持ちが遠ざかる場合もあります。上手な使い方を試行錯誤して、自分らしく楽しいLINEができるように頑張ってくださいね。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP
TokyoNightWorker
LINE応募 LINE応募