※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

【2021年版】覚えておきたい!昼キャバにおすすめの服装とヘアスタイル5選

# #

【2021年版】覚えておきたい!昼キャバにおすすめの服装とヘアスタイル5選

キャバクラには昼キャバというジャンルがあります。
名前の通りお昼から営業しているキャバクラのことで、サービスは夜とさほど変わりません。

しかしお店によっては女の子の格好がカジュアルであったり、派手すぎなかったりするのが特徴です。
昼キャバではどのような格好で働くのがおすすめなのかみていきましょう。

昼キャバの服装の選び方は?

同じキャバクラでも昼と夜では、キャバ嬢の見た目の雰囲気が変わるのはご存知でしょうか。

仕事内容は同じですが、昼のキャバ嬢は少しカジュアルな印象になります。
派手なヘアメイクやドレスのイメージが強い夜のキャバクラに比べて、昼のキャバ嬢はミニ丈のワンピースなど露出度が低い服装のケースもあるのです。
ですので、高額なドレスを買う必要はありません。昼キャバの中には衣装が用意されており、その日の気分に応じて服装を選んで出勤するところもありますのでそうした場合は衣装の用意すら不要です。

足元はスニーカーとまではいきませんが、ヒールのある靴を選んでおけば問題ありません。
アクセサリーなどの装飾品も派手なものを用意しなくても良いので、気軽に働くことができるでしょう。

ただ、お店によっては昼キャバでも夜キャバと同様の格好を求められるケースもあります。
お店が派手なドレスやヘアメイクのキャバ嬢による接客をウリにしている場合もありますので、入店前にはきちんと確認しておきましょう。

昼キャバは完全私服OKのところも?メリットとデメリット

完全私服が認められている昼キャバもありますが、その場合のメリットとデメリットについてご説明していきます。

メリット「完全私服OKなキャバクラもある」

完全私服OKなキャバクラのメリットは、すぐに仕事がはじめられることです。
夜のキャバクラのように派手な服装の場合はメイクやヘアセット、衣装選びに多くの時間がかかります。
その点私服であれば、面倒な着替えの時間を大幅に短縮することができるのです。出勤後に少しメイク直しをするだけで接客できるのがメリットと言えるでしょう。

また、女性らしいワンピースが一般的ではありますが、中にはTシャツやデニムで接客するお店もありますので、時給の発生しない時間を作りたくないという方には私服OKのキャバクラがおすすめです。

デメリット「身バレの可能性がある」

デメリットは、私服を着ていると街中でお客さんに見つかる可能性があるということです。
もちろんそこまで可能性が高いわけではないのですが、「あの服装の女の子を見たことがある」ということもあり得るでしょう。

昼キャバのヘアスタイルは?自分でできる簡単ヘアスタイル

夜キャバにはヘアメイクさんがいることもありますが、昼キャバにはいないケースもあります。
そうした場合は、自分でヘアセットをするか美容院に行って身なりを整えましょう。
夜キャバのように盛ったヘアスタイルにしたり髪を固めなければならないというわけではありませんので、気負う必要はないでしょう。

髪型に制限が設けられていないお店もあるので、髪の毛のアレンジに不安があったり苦手意識があったりする方にとってはありがたいですね。
ただルールがないからといって、何の手入れもせずに出勤するのは避けた方が良いでしょう。接客業ですから見た目で不快感を与えないように、コテで巻くなど自分が普段出かけるときにするような最低限のヘアセットはしてくださいね。

実際に昼キャバで勤務する女の子の髪型は普通のポニーテールや、ロングのストレートヘア、ボブへアというケースもあります。
夜キャバと異なり、昼キャバの女性には素人っぽさが残っている方が男性ウケが良いのです。そのためナチュラルをベースにウェーブがかかっていたり、シースルーバングにストレートのロングの髪型が人気と言えるでしょう。

とはいっても髪型にもいろいろありますしお店によってもコンセプトは変わってきますので、迷ったときはお店に聞いてみてください。
面接時の髪型で良い場合もありますし、髪を巻いたりヘアアップを求められたりするかもしれません。そうしたお店側の意見も反映しながら自分らしさを表現するのが良いでしょう。

では、昼キャバでおすすめの髪型をいくつかご紹介していきます。こちらも参考にしながら髪型を決めてみてくださいね。

シニヨン

シニヨンはシンプルでありながら上品な印象を与える髪型です。
昼キャバのみならずナイトワークのどのような職種にも通用する髪型といえますので、覚えておくと良いでしょう。
いろいろな服装にマッチしやすいので、定番の髪型となっています。この髪型は後ろで髪を全部まとめることになりますので、「顔が大きく見えてしまうのでは?」と心配される方もいることでしょう。

しかし顔を出す面積が大きくなるからといって、顔自体も大きく見えるというわけではありません。むしろ顔周りをスッキリさせた方が明るく美しい印象を与えます。

キャバクラにおいてお客さんにどのような印象を与えるかはとても重要なポイントです。明るく楽しい時間を過ごしてもらうためにも、ソニヨンでお客さんを迎えてみてはいかがでしょうか。

ゆるめのカール

キャバ嬢といえば、巻き髪という印象が強いのではないでしょうか。
カールしている髪の毛はボリューム感があり華やかな印象を与えるため、キャバ嬢のヘアアレンジの定番となっています。

ただ、巻き髪と一口にいっても時代によって流行は異なるのをご存知でしたか?最近では、しっかり巻いたカールよりもゆるめでナチュラルなカールも人気です。

昔はカールがきつい方が好まれていましたが、現在では少し古い印象を持たれることもあります。キャバ嬢は流行についていくことも求められますので、ゆるめカールのヘアアレンジに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、ストレートアイロンでもできますので、ヘアアレンジ初心者にもおすすめの髪型です。

バレッタでまとめ髪

髪留めの1つであるバレッタですが、これを用いたヘアアレンジもおすすめです。バレッタ自体の装飾によって華やかさを出すこともできますし、そのときの格好に応じたアレンジも簡単にできます。

長時間働いていると髪型が崩れてくることがありますが、バレッタを使ってまとめておけば安心です。

三つ編みハーフアップ

三つ編みのアレンジは、かわいい系の服装やドレスとの相性が特に良いですね。男性からすると三つ編みは凝った髪型に見えることもあります。

三つ編みは難しいイメージがあるのかもしれませんが、ゴムやピンを持っているだけで作れる髪型なので手軽なのもポイントです。
手軽なうえに髪型にこだわっている印象を与えられるのでコスパが良い髪型と言えるでしょう。

またアフターの時に三つ編みハーフアップにすれば、店内とはまた違った印象を与えることもできます。
アレンジの幅を広げるためにも覚えておきたい髪型の1つです。

ボールアレンジ

ボールアレンジは、ポップでかわいらしい印象を作り出すヘアアレンジです。
キャバ嬢のタイプにもよりますが、普段おとなしそうなヘアアレンジをしている方がやるとギャップを生み出すことができます。


いつもと違う髪型にするのは勇気がいることかもしれません。
ただ「今日はいつもとは違うヘアアレンジにしたから見に来て欲しいです」と伝えることで、営業にもつなげることができるんですよ。
そのように言われたらお客さんも気になって来店したくなることでしょう。

ボールアレンジはカジュアルな雰囲気に特に合いますので昼キャバにぴったりです。
ヘアゴムだけでできる手軽な髪型でもあるので、ぜひやってみてくださいね。

昼キャバはカジュアルな服装やヘアスタイルがおすすめ

いかがでしたでしょうか。
昼キャバでは夜キャバよりもカジュアルで気軽に働くことができます。

ただ、服装やヘアアレンジを工夫するなど個性も出しながらお客さんに楽しんでもらえるような心遣いも大切です。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP
TokyoNightWorker
LINE応募 LINE応募