※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

キャバクラで未成年は働ける?お酒が飲めなくても若さゆえのメリットも!

# #

キャバクラで未成年は働ける?お酒が飲めなくても若さゆえのメリットも!

豪華な店内できらびやかなドレスに身を包み、華やかなメイクでお金を稼ぐキャバ嬢ですが、テレビで特集されることもあり憧れる方も少なくありません。

特にトップクラスの有名キャバ嬢の稼ぎ出す額は億単位にまでのぼり、10代女性にとっては夢のある世界に映ることでしょう。
そこで出てくる疑問としては何歳から働けるか、また未成年でも働かせてもらえるのかということです。

今後キャバクラの世界に飛び込んでみたいという未成年の女性向けにナイトワークと年齢の関係についてお伝えしていきます。

キャバクラは未成年でも働ける?

結論からいうと未成年でも働くことは可能です。

応募条件に18歳からOKと記載のある求人を見たことがある方もいるでしょう。ただお酒が飲めるのは20歳からです。
そのためお酒を提供するキャバクラでは働いてはいけないと思われる方もいるかもしれません。

しかし、テレビで特集されるような元人気キャバ嬢もお酒を飲まずともナンバーワンの座を誇っていました。
お酒を飲むことができない未成年でもキャバクラで働くことはできるので安心してくださいね。

未成年は18歳以上なら働ける

未成年から働けるとはいっても、年齢は18歳以上という決まりがあります。

超有名キャバ嬢の中には18歳でキャバクラの世界に飛び込みキャリアをスタートさせている方もいらっしゃいます。

高校生はNG、専門学校生はOK

18歳となると高校生も該当します。
ただ18歳以上なら高校生でもできるかというとそうではありません。

現時点で労働基準法にはそのような決まりはないのですが、学校側とお店側が規制することが大半です。
学校側からすると高校生をキャバクラで働かせている学校というイメージがついてしまいます。
お店側としても高校生を雇っているということは、未成年を働かせているのではないかと疑いの目を向けられる可能性が高まります。
事実でなかったとしても警察沙汰になるのは避けたいですから、高校生を雇うことはほとんどないと言えるでしょう。

しかし、お店によっては高校生を採用することもあるかもしれません。
そうしたお店はモラルが欠けている可能性があるためお店としての質も低く、トラブルに発展する危険性があります。

早く働きたいという気持ちを抑えて、卒業まで待つのが良いでしょう。
ちなみに専門学校生であればキャバクラはOKです。

労働時間は22時まで

法律で保護されている18歳未満の方は労働時間にも制限があります。
高校生がどのような場所で働こうとも、22時までしか働くことができません。
これは法律で決められているので注意してください。

キャバクラ以外のバイトだったら高校生もOK?

キャバクラに限ってお話をしてきましたが、高級クラブやガールズバーの場合はどうでしょうか?

キャバクラ以外もルールは同じ

ラウンジやクラブ、ガールズバーなどのナイトワークに該当する職業は18歳以上からしか働くことはできません。
高校生は応募が不可能ですので、高校を卒業してから働きましょう。

むしろそのようなルールを守っているお店の方が安心です。
焦って高校生でも入店させるようなお店を選ぶことは避けてくださいね。

例外として高校生OKなガールズバーも

ナイトワークは高校生をのぞいた18歳以上なら働くことができるとお伝えしてきましたが、ガールズバーには例外もあります。

「ガールズ居酒屋」はあくまでも居酒屋をベースにしていて接客担当が全て女性というお店です。
居酒屋よりは値が張りますが、風俗営業に該当しないため女子高校生でも働くことができます。

もちろん生粋のガールズバーは先述の通り18歳でも高校生は働けませんので混同しないように気をつけましょう。

キャバクラで未成年が働くメリットとデメリット

では実際に未成年がキャバクラで働いた場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット「フレッシュな接客でお客さんを楽しませられる」

まずはメリットですが、やはり「若いこと」が挙げられます。

18歳という年齢だけで男性のテンションは上がるでしょう。
キャバクラに遊びに来る男性は30代〜40代の方が多く、18歳の女の子とコミュニケーションをとる機会はあまりありません。
10代女性の明るさや弾けるテンションを楽しみたいという方はたくさんいるはずです。

くわえて男性は未経験や初心者と聞くと主導権を握りたくなる性質があります。まだあどけなさが残る10代だからこそ面倒をみたくなるような気持ちにさせるのです。

またお店側としてもメリットがあります。
来店するお客さんもさまざまですから年代や系統の違う女性を揃えておきたいのというのがお店側の本心です。
その中でも特に人気があるのが10代のフレッシュな女の子であり、そのような女の子が多ければ新規のお客さんも来店しやすくなります。

そういった理由から10代のキャストを集めておきたいのです。

デメリット「お酒が飲めない分稼ぎにくい」

お酒は20歳からなので18、19歳のキャバ嬢はお酒を飲むことができません。
売上はお酒のオーダーによって大きく左右されます。

ただ、成人したキャバ嬢でもお酒を飲まずに接客している方も多くおり、そうした方はある工夫をしています。

フードをおねだりするのは1つの方法です。
お酒を飲めない分フードを注文してもらい売上を補うのです。
お店によってはノンアルコールの「フェイクアルコール」を使うお店もあります。

キャバクラで未成年が働く時のお店選びのポイントは?

未成年がキャバクラで働こうと思ったときに、どのようなお店を選ぶのが良いのでしょうか。

特に有名キャバ嬢を目指している方は高級店での活躍を夢見ているかもしれません。その採用の実態についてもお伝えします。

お店は「大衆キャバクラ」がおすすめ

高級店、名店と呼ばれるような高級キャバクラと違って、大衆キャバクラは料金もリーズナブルでお客さんも来店しやすいお店です。

高級店よりも大衆キャバクラの方が18歳でも採用されやすい傾向があり、ノルマも厳しくありません。
そういった意味でも駆け出しのキャバ嬢にはもってこいの環境と言えるでしょう。

またグループで運営されていて多くの店舗を抱えているところは、ルールが厳しいこともありますので覚えておいてくださいね。

高級クラブは不採用になることも

先述したように高級店は入店までのハードルがとても高いです。

未成年のうちからキャバ嬢を目指す方の中には、高時給のお店や有名店で働きたいという強い思いを持っている女の子もいるのはないでしょうか。

しかし、高級キャバクラほど未成年は採用されにくいという現実があります。
というのも高級店になればなるほど、シャンパンなどの高級ボトルの売上が大切です。
未成年ですと一緒に飲むことができず、お店側は売上を期待できません。

そのため未成年はなかなか採用されないのです。

一方の大衆キャバクラでは、フェイクドリンクを用意することがありますので、お酒を飲まない接客が可能です。

未成年ならではのメリットをフル活用して働こう!

未成年でもキャバクラで働くことは問題ありません。

たとえお酒が飲めなくとも10代のメリットを十分に活かした接客をすれば、人気嬢になることだって夢ではないでしょう。

この記事を参考にしながら、貴重な10代を充実させてくださいね。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP