※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

ラウンジ、クラブ、キャバクラ、スナックあなたに向いているバイトはどれ?夜の仕事の特徴を解説!

# # # # # #

ラウンジ、クラブ、キャバクラ、スナックあなたに向いているバイトはどれ?夜の仕事の特徴を解説!

夜のお仕事として「ラウンジ」「クラブ」「キャバクラ」「スナック」などが挙げられますが、中でも「ラウンジ」を選ぶ女性が増加傾向にあります。

「ラウンジ」とは一体どのようなお仕事なのか、働くための条件、「クラブ」「キャバクラ」「スナック」との違いも併せてご紹介します。

ラウンジってどういうお仕事?

ラウンジのお仕事の特徴として、風俗とは違いお触りや性的サービスなどはありません。ラウンジの主な仕事は、お客様の隣に座りお酒を飲んだり、お話をして楽しい時間をお客さんに過ごしてもらうことです。そのため、話すことが好きな女性におすすめですし、夜の仕事が未経験の女性にも働きやすいのがメリットになります。ナイトワークに興味のある女性にとって、ラウンジは始めやすく、高収入になるので魅力的です。では、具体的な業務内容について見ていきましょう。

お客さんと話して接客

ラウンジはお客さんの隣に座り、お酒を飲みながら話をして接客をするのがメインです。お客さんの仕事の話や関心のあること、愚痴などを聞くこともあるでしょう。利用する男性客のストレスを緩和させ、楽しくなってもらうことを目的にしているのがラウンジの仕事なのです。あなたがお客さんを楽しませたい、笑顔にしたい、癒しを与えたいという場合には、ラウンジで働いてみるのも良いでしょう。

お客さんのお酒を作る

スナックでは、お客さんのお酒を作るということも仕事の1つになります。キャバクラやラウンジではそのような仕事をすることはほとんどありませんが、お客さんに対して自分が作ったものを提供したい、奉仕したいという女性は、スナック勤務が適している可能性があるでしょう。スナックではママと一緒にお店を盛り上げるために、お客さんにお酒を作ったり、カラオケでデュエットしたりすることも珍しくありません。

連絡先を交換して営業

夜の仕事ではお客さんと連絡先を交換して、お客さんに対して営業メールをする女性も少なくありません。それは、お店にまた来店してもらい、自身の売上を伸ばすという狙いがあるためです。利用してもらったお礼や、また来店してもらいたいことを伝えるため、お客さんと連絡先を交換することもあるのです。もちろん、お店や人によって違いますが、あなたがお客さんに営業メールをするのが面倒だと思わないのであれば、連絡先を交換するのも1つの手です。

ラウンジで働くための条件は?

ラウンジで働くためには、いくつかの条件をクリアする必要があります。そこで、ここでは、ラウンジで働ける年齢や、ラウンジで働く場合に有利な女性を容姿などを含めてご紹介していきます。あなたがこれからラウンジで働きたいとお思いであれば、参考にしてみてください。

年齢

ラウンジで働ける年齢は18歳以上です。ただし、高校生は働くことができません。ラウンジと言えばお酒をお客さんに提供する場所ということもあり、20歳以上の女性しか働けないというイメージがあるかもしれませんが、18歳以上の年齢の女性なら勤務することができます。そのため、18歳未満でなければ、あなたもラウンジで働くことが可能なので、高時給のラウンジに応募してみてはいかがでしょうか。普通のアルバイトに比べるとラウンジは時給が3,000円以上稼ぐことも可能なので、高収入になるのが魅力です。また、ラウンジで採用されやすいのは19歳~28歳くらいの女性ですが、必ずしもそうではないため、30歳を超えている女性でも、ラウンジで働くことは可能です。

容姿

ラウンジでは容姿の良さも採用条件になります。もちろん、容姿が良くなければ採用されないというわけではありませんが、当然、容姿の良い女性のほうがラウンジで働くのに有利なのは間違いありません。しかし、容姿だけではなく、接客態度、気配りなど、お客さんをおもてなしする姿勢も非常に大切なため、総合的に優れている女性のほうが、ラウンジでたくさん指名を獲得できるという特徴があるのです。ですので、容姿だけ良ければ問題ないというわけではなく愛想良く笑顔で接するなど、丁寧な接客もラウンジで働くためには必要となります。

勤務可能な日数や時間

ラウンジでは普通の仕事に比べるとシフトがかなり緩いということもあり、週に1日3時間~の勤務OKという場所も多くあります。しかし、勤務日数が多く働けて、週3日、週5日勤務など、ある程度レギュラー勤務できる女性のほうが稼げるのは事実です。ラウンジは主に夜間、深夜帯の勤務なため、夜8時~翌2時ごろまで勤務できる女性ならば、それだけ高収入となるでしょう。ですが、基本的には好きな曜日、好きな時間帯で働くことができるため、ラウンジはかなり融通の利く仕事と言えます。学生の方、OLの副業、主婦、フリーターの方など、さまざまな女性が活躍しているため、未経験でも問題なく活躍できる仕事です。

ラウンジの客層は?

ラウンジの客層ですが、これはお店によって多少変わります。高級ラウンジの場合だと、経済的に余裕のある男性客の利用が多いため、40代、50代、60代以上の男性客の利用が多いです。ですが、それ以外のラウンジなら、30代以下の男性客も来店します。客層はお店により違うため一概には言えませんが、基本的には経済的に余裕のある男性客の利用が多く、40代以上の方が多いでしょう。客層が良く経済的に余裕のある男性客が多いラウンジで働きたいのであれば、会員制の高級ラウンジで働くのがおすすめです。

クラブとの違いは?

ラウンジとクラブの違いとして、クラブは銀座や北新地のように高級クラブで敷居が高いということが特徴的です。さらに、クラブではお客さんがホステスを一度指名すると基本的に半永久指名となり、別のホステスに変更できないシステムとなっています。加えて、クラブは時間制ではなく、お客さんがお気に入りのホステスと長時間楽しくお酒を飲むということが多いです。一方、ラウンジはクラブとスナックの中間の位置づけであり、比較的広めでゆったりとしたお店形態となっていることがほとんどです。そして、指名に関しても半永久的ではなくその日によって変えられるのが、クラブとの違いになります。

キャバクラとの違いは?

ラウンジとキャバクラとの違いは、ラウンジのほうがかなりフランクに接客することができるという点です。キャバクラの場合、お客さんの飲んでいるお酒のグラスや灰皿をこまめに気を配る必要がありますが、ラウンジはそこまでではありません。キャバクラだとキャバクラ嬢自身がそれらを交換しなければいけないことが多いですが、ラウンジは男性スタッフがグラスや灰皿交換をしてくれるため、ラウンジのほうが気軽に働けるという特徴があります。

スナックとの違いは?

ラウンジとスナックの違いは、スナックは主にカウンター越しに男性客に対して接客することがほとんどです。そして、ママと呼ばれるベテランの女性が働いているため、スナックではママがお店を仕切っています。スナックの場合、どちらかというと年齢層が高めなので、利用客は60代や70代といった方の利用がメインになります。お客さんの多くは常連客であり、ママとの会話を楽しむということが多いのがスナックの特徴です。ラウンジは比較的それよりも若い層の利用が多いため、客層もラウンジとスナックではかなり違います。スナックでは軽食やドリンク作りなどもあるため、そこもラウンジとは違う点と言えるでしょう。

まとめ

ここまでラウンジや他の夜の仕事との違いについてご紹介してきましたが、ラウンジは夜の業界が未経験の女性に非常に働きやすく、フランクに接客できるのが特徴です。それでもお客さんに対して丁寧な接客をし、また利用してもらえるようにする必要があります。ラウンジは高時給であるため、高収入求人に関心のある女性におすすめです。ラウンジ、スナック、クラブなど、あなたに合っている仕事を探し、働いてみてください。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP
TokyoNightWorker
LINE応募 LINE応募