※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

ガールズバーバイトって危ないの!?いじめや実際にあった怖いエピソードをご紹介!

# # # # #

ガールズバーバイトって危ないの!?いじめや実際にあった怖いエピソードをご紹介!

ガールズバーと聞くと、「楽しそうだし、何より時給も良さそうだからやってみたい!」と思っている人もいるでしょう。

ですが、実際のところ、「あれ、意外と危ないかも。。。」と厳しい面もあったりするんです。

今回は、ガールズバーのバイトについて、良い面も悪い面も含めて、仕事内容・働くメリット・気を付けたいことをお伝えします。

特にこれからバイトをしようか悩んでいる方は、最後まで要チェックです!

ガールズバーの仕事内容は?

ガールズバーのほとんどは、夜の8時から朝の5時までといった夜の時間帯に営業しています。

気になる仕事内容を見ていきましょう。

具体的な業務内容

業務内容としては、やはりメインはお客様のお酒作りと、お客様との会話です。

その他にも、タバコの火付けや、灰皿交換、カラオケ(お店による)での盛り上げ、グラス洗い、レジなど仕事内容は様々。

お店ならではの仕事内容もあったりするので、面接の際はその点にもチェックすると良いでしょう。

ガールズバーのお給料

気になるお給料ですが、ガールズバーの平均時給は1,800円と言われており、”稼げるバイト”といっても良いでしょう。

なので、ガールズバーで働く人の中では、ガールズバーとキャバクラを掛け持ちで働いているというケースはよくあります。

収入面ではキャバクラには劣りますが、隣で接客しなくていい上に、給料も悪くはないので、とても魅力的なアルバイトですよね。

ノルマはあるの?

多くのガールズバーには、ノルマが設定されていません。

だからこそ、あまりプレッシャーを感じることなく仕事をすることができます。

更に、お店によっては「ドリンクバック」というインセンティブが用意されていることもあります。

これは、「お客様が自分の分のドリンクを注文した場合、そのドリンク代の何割かが自分のお給料に反映される」というものです。

ノルマが無い上に、このインセンティブがあると、月の目標杯数などができ、更に高いモチベーションを持って働くことができて良いですよね。

ガールズバーで働く際の服装は?

多くのガールズバーでは私服勤務OKですが、お店によっては指定がある場合もあるので要チェック。

また、靴に関しては”ヒール靴指定”があるお店もあるで、これも要確認ですね。

ガールズバーでの仕事は基本立ちっぱなしの仕事なので、服装や身だしなみについての事前確認は必須です。

ガールズバーで働くメリットは?

次に、ガールズバーで働くメリットを2つ紹介します。

稼げる

時給が高く、かつドリンクバックもあるので、月に結構な額を稼ぐことが出来ます。

普通のアルバイトの2倍もしくはそれ以上のお金を稼ぐことができるので、お金に困っている人や、「短時間で沢山稼ぎたい!」という人にオススメのお仕事です。

コミュニケーション能力を活かせる

ガールズバーで最も重要なのは、やはり高いコミュニケーション能力です。

容姿が良いに越したことはありませんが、もしどんなに容姿が優れていても、お客さんが楽しめるようなコミュニケーションができなければ、自分だけでなくお客さんも良い気分で過ごすことはできません。

そして、お客さんの再来も見込めなくなってしまうので、結果的にお店に迷惑をかけてしまいます。

ですが、逆を言えば元々高いコミュニケーションに自信があるという人は、そのスキルを最大限に生かせる大チャンスです!

その上、現場での経験を積むほどそのコミュニケーション能力に磨きがかかります。

続ければ続けるほど、インセンティブ収入が増えて、更なる給料アップも狙えます!

ガールズバーって危ないの?実際にあった怖い話

ガールズバーのお仕事と聞くと、「いじめがあったりするんじゃないか?」といった噂を耳にしたり、それだけではなく、やはり夜の仕事という点で不安なこともありますよね。

ここからは、実際に噂にあるようないじめや、危険な体験をすることがないのか、実際あったお話も含めてお伝えします。

ガールズバーでのいじめ

単刀直入に言うと、ガールズバーでのいじめは殆どありません。

なぜかというと、「ノルマが無い」からです。

キャバクラやクラブなどで従業員同士のいじめが存在するのは、それぞれにノルマが課せられていて、「お客を取る・取られる」という行為がその原因として大きいです。

逆を言えば、ノルマが存在しないガールズバーではそういった行為が存在しない為、働く女性達も和気あいあいと仕事することが出来る環境にあります。

実際にも「ガールズバーでいじめにあった」という話はなかなか耳にしませんし、あればそのお店のシステムやスタッフに問題があることがほとんど。

なので、ガールズバーでのアルバイトでは、基本的にいじめはありません。

ですが、一部例外としてノルマがあるお店もあるので、その場合は注意が必要です。

ガールズバーで実際にあった怖い話

ガールズバーにはいじめは存在しませんが、やはり夜のお仕事ならではの怖い実話は多くあります。

ストーカーに遭う

とあるガールズバーで働いていたAさんのお話

Aさん目当てで熱心にお店にご来店されるお客さんがいました。

そのお客さんはAさんをとても気に入った様で、段々と独占欲を示すようになり、Aさんが他のお客さんと話していると邪魔をしてきて、注意も聞き流すといった態度。

ですがある日、お店の前でAさんを待ち伏せしていたそのお客さんは、Aさんの腕を強引に取ったため、Aさんは悲鳴を上げました。

その時は、他のお客さんに助けてもらうことができましたが、それが更に恨まれるきっかけとなってしまったのでしょう。

その後そのお客さんは、来店してAさんの悪口を大声で言い、そのままお店を出禁になってしまいました。

安心したのもつかの間、その後Aさんの自宅のポストに脅迫めいたラブレターが沢山入る様になってしまいました。

強い恐怖を感じたAさんはお店を辞め、家も引っ越したとのことです。

セクハラにあう

とあるガールズバーで働いていたTさんのお話

Tさんが働いていたのは、店長が利益重視でお客さんの行動をちゃんと監視・指摘しない、というお店でした。

なので、本来は禁止であるはずのお客さんから女性スタッフへのスキンシップも、店長は軽く指摘するばかりで、厳重な対処を取ることはありませんでした。

更には、見てみぬふりをすることもあったそうです。

お客さんを厳しく注意して、そのお客さんが再来店してくれないのでは、という心配が強かったのでしょう。

ですがある日、酔っぱらった男性客のひとりが、急にTさんの胸元深くに手を入れこんできたのです。

Tさんは胸を触られるというセクハラを受けて衝撃を受けていましたが、店長はその際も軽く注意するだけだったということです。

いかがでしたか?

セクハラ行為を見逃すなんて、最低な店長さんもいるんですね。

夜の仕事は、やはりリスクがある、ということが分かりますよね。

なので、これから実際にガールズバーで働く場合は、そのお店のシステムや従業員がしっかりとしているか等、働くお店は慎重に選ぶようにしましょう!

ガールズバーで怖い目に遭わないために、働く時に気を付ける4つのこと

どんなにガールズバーバイトで稼げたとしても、安全に楽しく働けるお店で働きたいですよね。

それでは、これまでにお伝えしたガールズバーバイトの情報を踏まえて、良いお店を探す時、そして安全に働くためには、どういった事に注意すれば良いのでしょうか?

割がよすぎるお店は選ばない

ガールズバーの平均時給は1,800円ですが、これを大きく超える割の良すぎるお店は避けましょう。

割が良い、ということには必ずその理由があります。

そして、安全とは言い難いものがほとんどです。

したがって、安全に働いて収入を得たいと思うなら、こういった割が良すぎるお店を選ばない方が吉です。

高い時給を求めるのではなく、ノルマがないか、ドリンクバックなどのインセンティブが発生するか、といったプラスアルファの収入につながる項目を重視する方が得策でしょう。

必ず体験入店をしてから店を決める

「働いてみたら、聞いていたのと違う。」

なんて言う事は殆どの仕事で起こりうることですが、夜の仕事の場合は自分自身の安全がかかっています。

条件がいいから、といって即入店するのではなく、必ず体験入店をして、以下の事はチェックする事にしましょう。

・店長さんの働く様子(お客さんや従業員への対応)

・従業員の雰囲気(会話が多い、場が明るい)

・従業員の店長への評価(店長への信頼)

・お客さんの雰囲気(態度の悪いお客さんが多くないか、等)

・自分自身が働きやすい環境か(困ったときに店長や他の従業員に頼りやすいか、等)

何より、「安心してそこで働けるかどうか」が大事でなので、体験入店の際は「従業員が安心して働いているか」という視点で周りを観察すると良いでしょう。

そして、数店舗体験入店することもお勧めします。

複数の働く環境を見る事によって、「働く上で、重要なポイント」をいくつか発見する事もあるでしょうし、比較する事で、更に「自分に合った職場」を見つけることができるでしょう。

お客様に個人情報は教えない

安全に働ける場所を探すことも大事ですが、自分自身を守ることも重要です。

どんなにお店側が努力しても、従業員自らが自分の個人情報をためらいなく漏らしていたら意味がありません。

どんなに安全な職場であったとしても、お客さんに個人情報は教えないようにしましょう。

しつこく迫られてもはぐらかすテクニックも身に着けなければいけませんが、あまりにもしつこい場合は、店長や他の従業員に助けを求めましょう。

飲みすぎて酔っ払わないようにする

ガールズバーは、基本的に「お客さんとお酒を飲みながら楽しく話す」場所です。

ですが、飲む量をきちんと管理する事も重要です。

お酒の量を管理せず酔っぱらってしまっては、仕事になりません。

その上、酔っていい気分の状態では、お客さんとの距離を保つことが出来ず、「誤って個人情報を教えてしまっていた」や「セクハラなどのトラブルに遭ってしまった」といった事が起きてしまう可能性が高いです。

何度も言いますが、自分自身の安全を守る為にも、常に緊張感を持って仕事をする様にしましょう。

まとめ

ガールズバーバイトは確かに稼げるバイトですが、やはり夜の仕事なので、働く上では十分な注意と覚悟が必要です。

今回お伝えした情報を使って安全に楽しく稼げるお店を探して、自分のコミュニケーション能力を活かした接客を楽しみましょう!

その他にも、タバコの火付けや、灰皿交換、カラオケ(お店による)での盛り上げ、グラス洗い、レジなど仕事内容はさまざま。

お店ならではの仕事内容もあったりするので、面接の際はその点にもチェックすると良いでしょう。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP