※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

キャバクラの体験入店とは?応募方法や必要な持ち物などを解説!

# # # #

キャバクラの体験入店とは?応募方法や必要な持ち物などを解説!

キャバクラはお客さんの隣に座り、お酒や会話で楽しませる仕事です。

自分の頑張り次第で高時給も可能なので、向上心がある女性にはぴったりですね。

自分にあったお店を探すためにも、まずは体験入店してから入店を決めることがおすすめです。

ただ、未経験者にとってキャバクラの体験入店が未知の世界。

どのような体験入店なのか不安に感じる人が多いのではないでしょうか?

そこで、安心して体験入店できるように、持ち物や当日の流れをおさらいしておきましょう。

この記事ではキャバクラの体験入店や応募方法など詳しく解説しています。

お店を見極めるポイントも記載しているので是非最後までお読みくださいね。

キャバクラの体験入店とは?

キャバクラの体験入店とは、正式に入店する前に仕事を体験できる制度です。

仕事を体験できることで、自分にあったお店に入店することができます。

もし、体験入店をせずに入店すると、お店の雰囲気がイメージと違い後悔することもありますよね。

キャバクラの人間関係が元でトラブルに巻き込まれる可能性も十分考えられます。

納得して入店するためにも、体験入店してから正式な入店を検討しましょう。

キャバクラ体験入店の流れ

体験入店の内容を理解しておくことで、当日もスムーズに体験できます。

有意義な体験入店にするためにも、1日の流れをおさらいすることが大切です。

キャバクラの体験入店の流れは以下の通りです。

  • 応募
  • 面接
  • 入店
  • ヘアメイク&着替え
  • 仕事内容の説明
  • 接客
  • お給料をいただく

応募

まずは、気になるキャバクラに体験入店の応募をしましょう。

直接電話でお問い合わせする方法もありますが、求人サイトからメールで応募する方法がおすすめです。

電話で応募する場合、営業時間に問い合わせる必要があるので早い時間だと電話に出ない可能性もあります。

メールだと24時間対応しているので、気軽に応募できますね。

面接

最低でも5分まにはお店につくようにします。

面接の服装は私服でも問題ありません。

もし、服装のイメージがつかない人はスカートやワンピースなどの女性らしい服装が無難です。

面接では、出勤日数など業務の連絡や希望時給などの質問があるので、自分の希望をつたえます。

キャバクラでは履歴書が不要なケースもあるので、確認しておくと安心です。

入店

面接に合格すると、体験入店することができます。

大抵のキャバクラでは面接と同じ日に体験入店が可能です。

しかし、なかには体入荒らしを防ぐため、面接と体験入店を別日に実施しているお店もあります。

念のため、応募の際に問い合わせておくとよいでしょう。

ヘアメイク&着替え

キャバクラはお客さんを楽しませる仕事なので、身だしなみはとくに気を付けましょう。

キャバクラではヘアメイクさんが常駐していることも多いので、事前に

ヘアメイクの有無を確認しておきます。

また、ほとんどのキャバクラでは貸衣装が用意されています。

貸衣装はどのドレスを選んでも良いの好きなものを着用しましょう。

自分にスタイルにあったドレスを着用するなら、持参するのもおすすめです。

仕事内容の説明

キャバクラのお仕事は、お客さんのお酒を作ったり、タバコに火をつけたり、覚えることが多いです。

接客をイメージしながら、仕事の説明を伺います。

またキャバクラには、ドリンクを注文することで報酬がアップするドリンクバックがあります。

体験入店でも、ドリンクバックが発生する場合があるので、注文方法やハンドサインなども押さえておきましょう。

接客

接客では、お客様のお酒を作りやドリンクの水滴を拭くなどの基本的な動作ができると上出来です。

先輩キャバ嬢と一緒に接客する場合もあるので、仕事の動きやお店の雰囲気などをチェックしましょう。

お店によっては、体験入店していることを伝える場合もあるので、気楽

な気持ちでお客さんとの会話を楽しんで下さいね。

お給料いただく

キャバクラの体験入店は日払いで、体験入店したその日にお給料をいただきます。

スタッフからお仕事の感想や入店の有無を聞かれることもあるので、正直な気持ちを伝えます。

正式に入店しても良いですし、悩んでいる場合は断ってもかまいません。

自分で働くお店なので、納得して入店できるお店を選びましょう。

キャバクラ体験入店時に必要な持ち物

キャバクラに体験入店にはいくつか必要な持ち物があります。

忘れた場合、体験入店を断られる可能性もあるので、必ずチェックしましょう。

当日に慌てないように、前日までに用意しておくと安心です。

  • 顔付きの身分証明者
  • スマホ
  • ハンカチ
  • ポーチまたはミニバック
  • ヌーブラ
  • ストッキング
  • メイク道具
  • 筆記用具

顔付き身分証明書

体験入店には、顔つきの身分証明証は必ず持参します。

法律でお店に提出することが義務付けられており、名前や年齢などを確認するために必要です。

忘れると体験入店ができないので、事前にチェックしましょう。

免許証・パスポート・マイナンバーカードなどからいずれか一つを用意します。

スマホ

体験入店するためにお店の地図を調べたり、お客さんと連絡を取るためにも使用します。

正式に入店した際、体験入店で接客したお客さんが指名してくれることもあるのでスマホは仕事をする上で必須ツールです。

ハンカチ

キャバクラではドリンクの水滴を拭くため、ハンカチはマストアイテム。

忘れた場合は貸してくれるお店もありますが、身だしなみとして持参しましょう。

ポーチまたはミニバック

キャバクラでは、名刺やハンカチなど持ち歩くものが多いので、ポーチやミニバックを利用します。

大きさはスマホ・名刺・ハンカチ・ライターなどが入るもので、パーティバック程度の大きさがおすすめです。

貸してくれるのでお店もあるので、事前にスタッフに問い合わせましょうね。

ヌーブラ

キャバクラは胸の開いたドレスが多いので、きれいに着こなすためにもヌーブラは必須アイテム。

ただ、直接肌に身に着けるものなので、お店から借りるのはおすすめしません。

自分の胸にあったヌーブラを着用して、体験入店に臨みましょう。

ストッキング

キャバクラによっては生足を禁止している場合もあるので、事前にストッキングの有無をしましょう。

ストッキングも直接肌に身に着けるものなので、持参するのがおすすめです。

メイク道具

メイク道具すべてを持参する必要はありませんが、最低限お直しできるアイテムを持っていきましょう。

しっかりメイクしても時間が立てば崩れてしまいます。

勤務中に簡単にお直しできるように、リップやファンデーションなどはポーチに入れておくと安心です。

筆記用具

来店したお客さんの情報をまとめるために使用します。

店内ポーチにおさまるような、小さめの筆記用具がおすすめです。

タバコの銘柄、既婚、未婚などの特徴をメモしておくと良いでしょう。

またお客さんの名刺もメモと一緒に残しておくと、営業メールをするときに役に立ちます。

キャバクラ体験入店で見るべきポイント

今後正式に入店する可能性のあるので、体験入店の際にはお店の雰囲気をちチェックすることが重要です。

①店内の様子

店内がきれいに保てているお店は客層も良く、スタッフの管理が行き届いているキャバクラが多いです。

また、雰囲気が良いお店は、活気もあるのでたくさんのお客様と接客する機会があります。

接客はお給料に直結することなので、高収入にも繋がりますよ。

②スタッフの様子

キャバクラは、スタッフのつけまわしによって多くのお客様との接客を経験できます。

キャストとスタッフとコミュニケーションが取れているお店は、未経験者でも丁寧にフォローしてくれるので、安心して働くことができますね。

③キャストの人間関係

キャスト同士で情報交換やアドバイスができるお店は、お店の質も高く、キャストとして成長できるお店です。

キャバクラはヘルプなどの連携プレーも多いので、キャスト同士の人間関係も体験入店でチェックしましょう。

まとめ

この記事ではキャバクラの体験入店についてまとめました。

初めての体験入店は不安になりますよね。

ただ、体験入店の流れや持ち物を把握することで、慌てずに当日を迎えることができます。

自分にあったキャバクラを見つけるためにも、必ず体験入店をしましょう。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP