※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

営業のコツ

要注意!色恋営業のメリットとデメリットを徹底解説

# # # # #

要注意!色恋営業のメリットとデメリットを徹底解説

キャバ嬢によってさまざまな営業スタイルを持っていますが、色恋営業をメインにしているキャバ嬢もいるでしょう。

今回は、キャバ嬢の色恋営業の特徴やメリットとデメリットを徹底解説していきます。

また、友達営業の特徴、メリット、デメリットについても併せてご紹介していくので、あなたが色恋営業、友達営業のどちらに向いているのかを、ぜひ知っておいてください。

キャバ嬢の営業スタイル

キャバ嬢には、さまざまな営業スタイルがあるのですが、その中でも色恋営業を得意としているキャバ嬢も数多くいます。

そこで、色恋営業にはどのような特徴があり、どのような営業スタイルなのかをご紹介していきます。

色恋営業とは

色恋営業とは、キャバ嬢を指名するお客さんに対して気があるように思わせて、疑似恋愛をする営業スタイルのことです。

そのため、お客さんにまるで恋人であるかのように接して、気を惹こうとするテクニックのことを言います。

店内や営業メール、アフターでもお客さんのことをまるで彼氏のように扱うため、ある程度のテクニックを必要とするのが色恋営業の特徴です。

色恋営業をする場合、キャバクラにあまり慣れていないお客さんや、恋愛経験が少ないお客さんに有効となります。

色恋営業に向いてる人

ここでは、色恋営業に向いている人はどのようなキャバ嬢なのかをご紹介します。

色恋営業をすることであなたを贔屓にしてくれるお客さんを増やすことができたり、多くお金を使ってもらえたりすることがあるのです。

誰でも平等に甘えることができる

色恋営業に向いている人の特徴1つ目は、誰でも平等に甘えることができる女性です。

そのような女性であれば、キャバ嬢として色恋営業をすることでかなり指名数を増やせる可能性が高いでしょう。

また、お客さんに対してまるで恋人に対する接し方をすることができるため、疑似恋愛をし、お客さんをつなぎとめることが期待できます。

女性の中には意中の男性でなくてもかなり甘え上手な人がいますが、そのような女性はとても色恋営業がマッチしているでしょう。


②恋愛感情を抱いているように演じることができる


色恋営業に向いている人の特徴2つ目は、恋愛感情を抱いているように演じることができる女性です。

キャバクラではお客さんに対してまるで恋人であるかのように、恋愛感情を抱いているように思わせることもテクニックの1つとなります。

そのため、恋人同士のように接することで、お客さんをその気にさせることができ、あなたにたくさんお金を使ってくれる可能性が高くなるのです。

お金のためにと割り切ることができる

色恋営業に向いている人の特徴3つ目は、お金のためにとしっかり割り切ることができる女性です。

キャバ嬢として働く理由は、ほとんどの女性がお金のためです。

将来の結婚費用を稼ぐため、将来自分のお店を持つための資金のためにキャバ嬢として働きます。

そのこともあり、お金のためにと割り切れる女性ならば、仕事のために必要だという思いから、色恋営業をすることができます。

プライベートとは完全に分けて、キャバ嬢として働いている時間だけはお客さんと疑似恋愛を楽しむという人も多いのです。

色恋営業のメリットデメリット

色恋営業はキャバ嬢のテクニックの1つとしてとても有効な手段になるのですが、色恋営業にはメリットとデメリットがあるので、それぞれ解説します。

メリット「人気を獲得しやすく、売り上げUPの可能性がある」

色恋営業をすることでのメリットとして、人気を獲得しやすく、売上を伸ばせる可能性が高いことです。

例えば、お客さんに対して恋人のように接することで、お客さんからすれば「もしかしたら自分の彼女になってくれるかもしれない!」「自分は彼氏だから○○のためにお金を使ってあげたい!」という思いになるのです。

また、親密な仲を演じることで、お客さんにお願いをしやすいので、あなたのためにたくさんお金を使ってくれることが多くなるのがメリットになります。

デメリット「お客さんとトラブルになりやすい」

一方で、色恋営業をすることのデメリットとして、お客さんとトラブルになりやすいことです。

お客さんはあなたに対して本気で恋愛感情を抱いているため、自分をあなたの彼氏だと勘違いしたお客さんが、あなたや他のお客さんに嫌がらせをしてくることも考えられます。

また、待ち伏せをされるなど、ストーカー被害に遭う可能性もあるため、色恋営業をすることで、お客さんによっては自分に気がないことがわかれば、逆上して危害を加えてくることもあるのです。

それが、色恋営業をするデメリットになります。

友達営業とは

キャバ嬢の営業スタイルの中には、友達営業というものもあります。

友達営業とは、お客さんに対して友達のように接する営業スタイルのことです。

そのため、恋人同士のような関係というよりは、何でも気軽に相談できる仲、一緒に楽しくお酒を飲む仲というスタイルになります。

友達営業に向いてる人

友達営業に向いている人はどのような女性かをここでは解説していくので、自分は友達営業に向いているかを知りたいという女性でしたら、ぜひ参考にしてみてください。

友達営業のほうが色恋営業よりも気軽な場合が多いのです。

誰でもフランクに会話できる

友達営業に向いている人の特徴1つ目は、誰とでもフランクに会話をすることができる女性です。

年齢や容姿、仕事の地位に関係なく、誰に対しても平等な態度で接することができる女性であれば、キャバ嬢として友達営業をするのも有効な戦法になります。

また、ある程度トーク力がある女性も友達営業が向いている可能性が高いため、トーク力に自信のあるキャバ嬢だと、友達営業を得意としている人も多いのです。

私生活でも男友達が多い

友達営業に向いている人の特徴2つ目は、私生活でも男友達が多い女性です。

女友達と同じように男友達にも接することができる女性の場合、友達営業をするのが向いている可能性が高いでしょう。

学生の方ならば、学校でも男友達を作る機会が多くあるでしょうし、昔から男友達が多く、よく遊んでいる女性ならば、友達営業を得意とすることができるでしょう。

友達営業のメリットデメリット

友達営業は色恋営業に比べると精神的にかなり楽ですが、友達営業にもメリットデメリットがありますので、ご紹介します。

メリット「適度な距離感を保てる」

まず友達営業をすることでのメリットは、適度な距離感を保ってお客さんと接することができる点です。

色恋営業と違って基本的に恋愛感情を持ち込まないでお客さんと接することができるため、友達営業はお客さんと長期的に付き合いやすいでしょう。

また、色恋営業に比べるとあまり営業メールを送る必要がないので、学生の方やダブルワークの方にも適しています。

デメリット「使ってくれるお金が少ない」

一方で友達営業をすることでのデメリットは、自分に対して使ってくれるお金が少ない点です。

色恋営業の場合だと、お客さんに対してまるで恋人であるかのように接するので、お客さんが自分にお金を使ってくれますが、友達営業だと友達感覚なので、あまり高いお酒を頼んでくれません。

友達以上の関係にはなれないとお客さんは思ってしまうため、誕生日のときに高いシャンパンを開けてくれなかったり、長時間お店に居て飲んでくれたりすることが少ないのが友達営業です。

なので、売上にあまり反映されず、給料をアップさせるのは難しいのが友達営業のデメリットとなります。

まとめ

ここまで色恋営業の特徴とメリットデメリット、そして友達営業の特徴とメリットデメリットを解説してきました。
色恋営業を得意とするキャバ嬢も多いですし、友達営業を得意とするキャバ嬢も多くいます。

あなたがキャバ嬢として働く場合、どちらのほうが合っているのかを知っておきましょう。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP
TokyoNightWorker
LINE応募 LINE応募