※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

「ホステス」と「キャバ嬢」「スナックは仕事内容どう違うのこれを読めば違いが簡単にわかります!

# # # #

「ホステス」と「キャバ嬢」「スナックは仕事内容どう違うのこれを読めば違いが簡単にわかります!

この記事では、ナイトワークとして人気のホステスの仕事、キャバ嬢の仕事、スナックの仕事の特徴や違い、ホステスに向いている女性について解説しています。

そして、ホステスは一体どれくらいの月収を稼ぐことができるのかも紹介しているので、これからホステスとして頑張りたい女性には、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

ホステスはどういう仕事?キャバクラやスナックの違いは? 

あなたが夜の仕事に興味を持っている場合、ホステスの仕事ってどういう仕事なのか気になっているでしょう。

また、キャバクラやスナックとの違いについても知りたいと思っているのではないでしょうか。

そこで、ホステスの仕事の特徴と、キャバクラやスナックの仕事とはどこが違うかについてご紹介していきます。

ママがいるかどうか

ホステス、キャバクラの仕事の主な違いとしては、ママがいるかどうかということも違う点になります。

基本的にキャバ嬢が働いているキャバクラ店と呼ばれる場所ではママは存在せず、ホステスが働いているクラブだと、ママと呼ばれる女性がいるのです。

働く場所の業態の違い

ホステスとキャバ嬢では、まず働く場所の業態に違いがあります。

ホステスは高級クラブで働く女性のことを指し、キャバ嬢が働くお店をキャバクラと言います。

スナックは街中にある庶民が気楽に利用することができる利用料金となっていることがほとんどで、働いている女性もキャバクラやホステスよりも年齢が高めであることが多いです。

そのため、働く場所、年齢層も違うのです。

接客スタイルの違い

ホステスとキャバ嬢では、接客スタイルも大きく違います。

まずホステスですが、こちらは複数人でお客さんに接客します。

そのため、一緒に働いているホステスたちとしっかりと連携を取って接客する必要があるのがホステスの仕事の特徴になります。

また、ホステスが働く高級クラブは料金設定が高額で会員制であることがほとんどです。

さらに、常連客が多く、地位や名誉のあるお金持ちの男性が利用することが多いです。

一方でキャバ嬢ですが、こちらは基本的にマンツーマンで接客するスタイルなので、お客さんの隣に座り1対1で話します。

そのため、自分から話を広げていける話術や、お客さんの話を引き出すための工夫が必要になるのです。

そして、キャバクラ店に来店するお客さんは新規客も多く、自分のお客さんのなってもらえるように、さまざまなテクニックを磨き上げることが要求されるでしょう。

客層の違い

クラブ、キャバクラ店、スナックでは、利用する男性客の年齢層もかなり違うのが特徴となります。

キャバクラ店では比較的若い層の利用も多く、利用客は30代~50代が多いです。

しかし、クラブやスナックでは年齢層が高めとなっており、高級クラブだとお金持ちの社長や、重役など50代60代以上の男性客が多く来店するのです。

スナックだと、60代や70代以上のお客さんも多く来店するのが特徴になります。

指名システムの違い

ホステスが働いているクラブと、キャバ嬢が働いているキャバクラ店では、指名システムにも違いがあります。

まずクラブでホステスを指名する場合、お客さんは一度指名したホステスを毎回指名することになり、ホステスがお店を退店するまで指名しなければならない永久指名制度となります。

一方キャバクラ店でキャバ嬢を指名する場合だと、お客さんは来店するごとにキャバ嬢の指名を変更することができるのです。

そのため、指名システムでも違いがあるのが特徴となります。

給料体系の違い

ホステスとキャバ嬢とでは、給料体系にも違いがあります。

ホステスは日給制となっている場合が多くあり、店舗によっては売上で給料が変動することもあります。

キャバ嬢は時給制となっていることがほとんどで、平均時給が2000円~5000円となっているのです。

そこに、指名数や売上によって毎月時給が変動していくので、人気キャバ嬢だとそれだけ高時給になります。

ホステスに向いている女性の特徴は? 

高収入のナイトワークに興味があり、ホステスとして頑張りたいとあなたが思っている場合、どのような女性がホステスに向いているのかを知っておく必要があります。

年齢や見た目など、おそらく気になる点が多くあるでしょう。

そこで、下記ではどのような女性がホステスの仕事をおすすめできるのかを解説していきます。

年齢層は20代後半から30代前半

ホステスとして働いている女性の年齢層は、20代後半から30代前半の方が多いです。

そのため、あなたがアラサー女性の場合、ホステスとして働く年齢にピッタリと言えるでしょう。

ホステスは既婚者の女性も多く働いていますし、シングルマザーの女性も多くいます。

そのため、キャバ嬢よりも少し年齢層が高めとなっているので、年齢をあまり気にせずに働くことができるのです。

見た目は上品系、大人の魅力

高級クラブのホステスとして働きたい女性の場合、やはり、見た目はとても大切で重要になります。

高級クラブのホステスは見た目が上品系で大人の魅力のある女性が多く働いています。

大人の魅力というのはフェロモンを醸し出すような色気もそうですし、接客スキルの高いマナーや言葉遣い、気遣いもできる女性のことです。

そのような女性であれば、ホステスとして人気を博し、お店の売上に大きく貢献することができるでしょう。 

聞き上手な方はホステス向き

ホステスとして働く場合、聞き上手である必要もあります。

自分の話ばかりするのではなく、お客さんの話をうまく引き出し、そこから話を広げられるようにしなければなりません。

また、高級クラブを利用するお客さんは社長や重役、お金持ちの男性がほとんどなので、自慢話などを多くされることがあります。

自慢話でもしっかりと聞き、そして褒めて、お客さんに気持ち良くなってもらう必要があるのです。

ホステスはどれくらい稼げるの?

ホステスは高収入を稼げるナイトワークとして人気ですが、そんなホステスでは月給でどれくらい稼ぐことができるのか気になっているでしょう。

そこで、ここではホステスはどれくらい稼げるのかを解説していきます。

日給?時給?店舗によりシステムが異なります

クラブは日給制を採用している店舗が多いです。

そして、ホステスの日給の平均は3万円~5万円となっています。

これに加えて、「係」となってお店の売上に貢献することで、日給が5万円以上となることがあるのです。

店舗によってシステムは違うので、中には日給制でなく時給制を採用しているクラブもありますが、それでも基本的にはホステスはキャバ嬢と違って日給制となっていることが多いでしょう。

ホステスの「係」ってなに?

先ほど出た「係ってなに?」と気になるのではないでしょうか。

係とは、クラブでお客さんから指名を受けてテーブルにつくことを言います。

係になるメリットは、係としてついたそのテーブルの売上が全部自分のものになる点です。

そのため、係を多く務めることで、それだけ給料が跳ね上がります。

ホステスの平均月収は?

働く日数や時間によっても異なりますが、ホステスの平均月収は30万円~50万円ほどです。

日給3万円だと月10日勤務するだけで、サラリーマンの月収ほど稼ぐことができます。

また、係を多く務めるほど人気のホステスになれれば、月収100万円以上稼ぐことが可能です。

ホステスは頑張り、努力がしっかりと実を結ぶチャンスが多いので、接客スキルを向上させることで、ホステスとして安定した収入を得ることができるでしょう。

あなたに向いてるのはホステス?キャバクラ?

ここまでホステスやキャバ嬢、スナックの仕事の特徴と違い、ホステスの収入に関してご紹介してきました。

あなたがこれからナイトワークにチャレンジして成功したい場合、これらの仕事の特徴をしっかりと理解し、稼げるようにしてください。

そして、ホステスはキャバ嬢よりも年齢が若干高めということもあり、30代の女性にも働きやすく、頑張りや努力次第では月収100万円以上稼ぐことが可能です。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP
TokyoNightWorker
LINE応募 LINE応募