※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

キャバクラのスカウトは使っちゃだめ!?入店前には体入がおすすめ

# # #

キャバクラのスカウトは使っちゃだめ!?入店前には体入がおすすめ

キャバ嬢になりたい人や新しいキャバクラ店に移籍したいという人の中には、お店をどうやって選んでいいか迷われる方も多いはずです。ジャンルやお給料もお店ごとに違うので自分に合ったお店を探すのはとても大変です。そこで、登場するのがスカウトマンなのですが、果たしてスカウトマンは信用していいのでしょうか。ここではスカウトマンのメリットとデメリットを紹介しながら、体験入店の重要性についてもお伝えします。

キャバクラのスカウトとは?

スカウトの多くはスカウト事務所に所属していて、事務所が提携している店舗の中から女の子に合ったお店を紹介するのが仕事です。そのスカウトの方法ですが、現在はTwitterやInstagramなどのSNSを活用して行うのが主流となっており、他にも友人や知人から紹介してもらうこともあります。そして無事に紹介が決まった場合、その子が働いている間は女の子の売り上げから何%かがスカウトへバックされます。つまり、スカウトはレギュラーで頑張っている子や人気が出そうな子を好みますし、その女の子が長く働いてくれるようにサポートします。女の子が長く働けば働くほど収入を得ることができるからです。ただし献身的に接してくれても、スカウトはあなたが働いたお金の一部を受け取っているわけですから、深追いのし過ぎは要注意です。

キャバクラのスカウトのメリットは?

スカウトマンは、自分とお店をつないでくれる存在です。自分の希望を伝えることでその希望に沿ったお店をピックアップしてくれますから、信用に値する人であれば有意義な店舗探しができるでしょう。具体的なメリットについてみていきましょう。

好条件で入店できる可能性がある

スカウトを使うことで、求人サイトに掲載されている条件よりも高待遇で入店できる場合があります。自分の要望を直接採用担当者に伝えるのはなかなか難しいですが、スカウトがお店と直接交渉してくれるのでより良い条件で雇用してもらえる可能性があるのです。また金銭的な待遇も大事ですが、他のキャストやお店の内部事情も知っておきたいですよね。そういった部分を知っているスカウトもいるので、事前に聞いてみることで自分にぴったりのお店を選びましょう。

過去に不採用でもコネで入れてもらえる可能性がある

スカウトマンとお店は切っても切り離せない関係です。スカウトマンが人気のある女の子を紹介すればもちろんお店からの信頼も厚くなります。つまり、お店とスカウトマンに信頼関係がありさえすれば、過去に不採用となってしまった高級店でも採用となる可能性があります。「以前良い子を入れてくれたからOK」という流れで採用になることもあり得るのです。

キャバクラのスカウトのデメリットは?

冒頭で、キャバクラのスカウトに深入りするのは要注意とお伝えしました。というのもキャバクラのスカウトマンを全面的に信用するのはリスクがあります。トラブルを回避するためにも具体的なスカウトのデメリットをみていきましょう。

利益しか考えてない

キャバクラのスカウトマンが女の子に声をかける理由はなんでしょうか。純粋に女の子を有名なキャバ嬢にして幸せになってもらいたいと思ってスカウトをしている人はほぼいないと言ってもいいでしょう。スカウトマンは、報酬が高いお店に女の子を紹介して、その女の子が人気になればなるほどお金を手に入れることができます。ボランティアでやっているわけではないですから、スカウトマンの多くは基本的に利益しか考えていませんし、「女の子=お金」と考えているスカウトマンも多いのです。

ピンク系の仕事をさせられることがある

キャバクラのスカウトマンは、ピンク系の勧誘をしてくることがあります。なぜならキャバクラよりも風俗系の仕事の方が多くの利益を得ることができるからです。お金が欲しいスカウトマンは、あなたがどこで働くかではなくてどうやったら自分が稼げるかを考えています。給料が良いからといって安易に誘いに乗って後悔しないように気をつけてください。

スカウトマンはキャバクラの知識が無い

メリットとして好条件で入店できるとありましたが、逆にキャバクラ店に関する知識がないスカウトマンが多いというのも事実です。自分に合ったお店を親身に探してくれるのが理想のスカウトマンなのでしょうが、実態はスカウトを成功させるかどうかが彼らのゴールになります。お店の仕事内容や給与についてよくわからない状態でも、紹介さえできれば報酬が入るので、スカウトマンにとって女の子の働く環境は関係ないのです。

新人が多い

スカウトをするために必要な資格などは特にありません。やる気と気合で誰でもなれる職業です。女の子に声をかけてお店を紹介するという単純な仕組みですから、未経験でも即働くことが可能なため新人であるケースも多々あります。新人がいけないというわけではありませんが、経験豊富なスカウトのほうがお店と信頼関係を築けている場合もありますので、最適な求人を提供してもらえるかと言われたら難しいでしょう。

嘘つきが多い

勧誘のために嘘をつくスカウトマンは多いです。キャバクラのスカウトマンは、あなたを幸せにするために動いているのではなく利益やお金のために動いています。入店させるために待遇面で嘘をついている場合もあるので、実際に働いてから聞いてなかったという事態も起こりうるのです。

連絡取れなくなることがある

キャバクラのスカウトは、都合が悪くなると連絡が取れなくなることがあります。先ほどスカウトマンには嘘をつく人が多いことをお伝えしましたが、嘘が発覚して連絡するともう連絡がつかなくなっていたということもよくあります。嘘をついたり、都合が悪くなると逃げたりするスカウトマンの紹介で良いお店に巡り合うのは難しいので、こういう事態も起こりうるのだと事前に想定しておきましょう。

個人情報が漏れることがある

キャバクラのスカウトを使ったときのデメリットとして、個人情報がバラされるということが挙げられます。キャバクラや風俗系のお仕事をしていることを周りには黙っているという方も多いとは思うのですが、そういった情報をスカウトマンがバラしてしまうこともあります。特にスカウトマンの紹介で入店しその女の子の人気が出た場合、スカウトマンの実績として長い間語り継がれることになるでしょう。

ネットで写真が悪用されることがある

ネットで自分の写真が勝手に使われてトラブルになるケースもあります。どんなところで使用されるかというと、出会い系サイトやパパ活アプリなどのプロフィール画像が代表的です。これはLINE等のSNSで連絡先を交換した際に起きてしまいます。怖いのは自分がその悪用に気づくことが難しいということで、知らないところで自分の顔写真がずっと利用されているということになります。連絡先交換や自分の画像を渡す際は十分気をつけましょう。

キャバクラのスカウトよりも体入でまずはお店を知る

スカウトを信用しきって入店すると、入店後にトラブルになることもあるのでまずは体験入店をすることがおすすめです。前述のとおり、スカウトマンが嘘をついている可能性もありますので、自分の目で条件や働く環境を確かめるのが大事です。万が一、体験入店をせずに本入店してから苦しい目にあたとしてもスカウトマンが助けてくれるかどうかはわかりません。自分が望んでいる環境を妥協せずに探してみてください。

まとめ

ここまで、キャバクラのスカウトについてお話してきましたが、メリットよりもデメリットの数が多いという結果になりました。スカウトはお金のために働いていますし、嘘や甘い条件で誘惑してくることもあるでしょう。ですのでスカウトを経由して、お店を探すことになったとしても最後は体験入店を通して自分の目で働く場所を決めることが何よりも大事なのです。そうして自分にぴったりのお店を選ぶことができれば最高ですね。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP
TokyoNightWorker
LINE応募 LINE応募