※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

人気キャバ嬢ってそんなに稼ぐの!?平均月収やお給料の仕組みを紹介

# # #

人気キャバ嬢ってそんなに稼ぐの!?平均月収やお給料の仕組みを紹介

最近では芸能人と同じように人気キャバ嬢が一般的にも認知され始めていますよね。人気キャバ嬢だと桁違いな金額を稼げるようですが、実際にはじめてみると月収はいくらぐらいもらえるのか気になりますよね、今回はそんな給料の仕組みや平均月収についてご紹介します。

キャバ嬢の平均月収はどれくらい?

キャバ嬢の平均月収は働くお店の立地やドリンクバックのシステム、そのほかお給料から天引きされる雑費の有無も関係してきますが、平均的には28万~40万前後と言われています。

基本的には「時給×出勤時間×日数」でひと月のお給料となりますが、そのほかヘアメイク、衣装、源泉徴収等が給料から天引きされます。お給料から天引きされる内容もお店次第ですが、その分ドリンクや指名で補填すると大体このような金額が平均になるようです。

売れっ子キャバ嬢の場合

ある売れっ子キャバ嬢の場合を見ていきましょう、時給は5,000円、週5回夜9時から5時までシフトを入れるとします。時給だけで計算すると1日4万、週で計算すると20万で月収が100万となります。ですがそこに指名一日十数本の指名、毎回の同伴を入れていくと200万円弱もくだらないんだとか。そのほかにもお客さんからもらえるブランド物のプレゼント等も入ってくるので総額でいうと300万くらいになってしまうこともあるようです。

派遣キャバ嬢の場合

派遣キャバ嬢という働き方も選択肢としてあります。

時給は専属のキャストと比べると高くなるわけではないですが、派遣キャバ嬢はノルマや営業が無く、ヘルプがメインの業務になります。営業が不必要な為、時間外への負担も少なく、うまく活用すると満足のいくお給料がもらえるのだとか。副業として働く場合は出勤するその時間だけ頑張ればいいので、かなり楽に稼げるかもしれません。

キャバ嬢でも伝説級となるとどれくらい稼ぐ?

伝説と言われる程稼ぐようなキャバ嬢、みなさんも思い浮かべる人物が一人二人と

いるのではないでしょうか?このレベルになってくるとメディアの露出も多く、女の子のファンも全国にたくさんいたりと芸能人を彷彿とさせる活躍をみせています。そんな伝説級のキャバ嬢はどんな風にして成功していったのかご紹介します。

元東海地方ナンバーワン!「門りょう」さん

兵庫県出身の門りょうさんは大阪北新地で活躍していた伝説の元キャバ嬢です。

別名「アルマンド姉さん」と呼ばれています。アルマンドとはアルマンド・ブリニャックという高級シャンパンで、このアルマンドを日本全国一出荷させた人物としてアルマンド社から表彰されたことが名前の由来となっています。現役時代のバースデーイベントではなんと一日に売り上げ1億円を叩き出し、年収は2億を超えていたといわれています。

惜しまれつつ引退となりましたが、現在は会社を立ち上げ社長兼プロデューサーとして活躍しています。

YouTubeでも大人気!「小川えり」さん

名古屋の老舗高級キャバクラ「アールズカフェ」でNo.1キャバ譲として名をはせた

小川えりさん。現在は実業家、YouTuberとしても活躍しています。そんな「エンリケ」こと小川えりさん、現役時代には一日で2.5億円を稼ぐキャバ嬢として東海地方イチといわれていました。若くして夜の世界に入った小川えりさんは最初は指名がもらえず苦労していたようですが、裏表のない性格が評判を呼んで男性だけでなく、女性客からの指名をもらうなど新しいスタイルを確立したキャバ嬢だったようです。

モデルとしても大活躍!「愛沢えみり」さん

2019年にキャバ嬢を引退した愛沢えみりさん。数々の高級キャバクラでナンバーワンを獲得し歌舞伎町の嬢王と呼ばれました。出勤時には一日に何本もの同伴を入れるなど忙しい日々を送っていたようです。引退時の売り上げは2日で2.5億円といわれています。現在ではモデルや自身のプロデュースするアパレルブランドの社長として活躍しています。

キャバ嬢のお給料の4つの仕組みとは?

キャバ嬢はアルバイトと違い時給以外にも給料に反映されるカテゴリーが多くなってきます。これからお伝えする4つシステムをしっかりおさえれば、月の目標も達成しやすくなりそうです。

指名数や売り上げが鍵「時給スライド(ポイントスライド)」


その月の売り上げや指名本数をある一定の条件クリアすると時給がアップするシステムです。指名本数で例を上げると10本で2000円20本で2500円、30本で3000円といった風に時給が変わっていきます。指名と同じように同伴も同じ計算で時給アップにつながるよう管理されている為、この頑張りがお給料に直結しそうです。

自分の売り上げから何%かバック「売上バック」

その月の売り上げから決まったパーセンテージで売り上げを加算してくれるシステム。

「固定の時給×時間×日数+バック」が月給になると考えておきましょう。

売上で時給が変動しない「固定時給」


売り上げ時給が変動しない固定のシステムです。最低保証してもらえる時給が決まっていて、入店から数か月はこの固定時給で働くことでお店の様子がわかる等メリットもあります。ただしこの期間はバックが付かないこともあるようです。「保証時給×時間×日数」が月収になります。

バックが固定されている「固定バック」

指名1本につきいくら、と決まているシステムです。

単純に本数で時給にいくらプラスできるかわかるため、月の管理がしやすいことがメリットです。

キャバ嬢のお給料に反映されるバックやポイントは?


お店によっても反映されるバックやポイントの項目が色々ですが、
大体のお店でカウントされる項目についてお伝えしていきます。

細かいように思えますが、売り上げの良い女の子はかなり意識しているポイントになりますので覚えておきましょう。

気に入ったキャバ嬢を指名する「本指名」「場内指名」

お店に入店するときに指名することを「本指名」、入店後気に入った女の子を指名する場合を「場内指名」といい本指名のほうが場内指名に比べてバック率が高くなります。

一緒にお店へ入店する「同伴本数」

出勤前にお客さんと食事をしてそのままお店に連れていくことを同伴といいます。

同伴の本数もお店によってはノルマが決まっていたり、達成するとお給料に

反映されたりします。

ボトルが入った時に発生する「ボトル本数」

シャンパンやワイン、キープなどのドリンクで発生するマージンです。

売り上げを上げるためにはなくてはならないアイテム。

基本はドリンク1杯でカウント「ドリンク本数」


1杯で1カウントになるドリンク本数。売上スライドの場合はトータルのドリンク売上額が時給アップにつながってきます。

報奨金にもつながる「出勤回数」


決められた出勤数をクリアすることで出勤手当がついたり

皆勤手当をもらうことができるシステムです。

キャバ嬢のお給料から引かれるものは?

売り上げとして加算されるポイントも多いですが、一度の出勤で出費が伴う項目もあります。給料を全額もらえるわけではないので以下も確認しておきましょう。

税金として引かれる「源泉徴収」

どこのお店でも発生する所得にかかる税金です。

給料から天引きされるのであらためて支払うことはないですが覚えておきましょう。

自分の魅力を格上げさせる「ヘアメイク代」

毎回の出勤にかかってくるヘアセットは専属の美容師に支払われます。

一般的な美容室より安く設定されていることがほとんどです。

華やかに着飾る「ドレス代」

始めたばかりでまだ自分のドレスを持っていない場合は、お店からドレスを貸してもらうこともあります。その際にかかってくるのがドレス代です。無料のお店もあるようですが自分のドレスを持つ人が多いようです。

自分の身は自分で守る「送迎代」

夜遅くまで勤務するキャバ嬢は帰りも安全とはかぎりません。

お店の運転主が車で送ってくれることが多くなりますが、その際に支払われるのが送迎代です。500円から3,000円と幅がありますが一般的なタクシーよりも安く済むので良心的といえます。

天引きしてないお店もある「厚生費・雑費」

お店にかかってくるその他雑費の項目です。こちらは項目として計上していないお店もあるようです。

キャバ嬢は平均月収○千万も夢じゃない!

全国様々な街で活躍しているキャバ嬢がいますが、お給料の内訳はざっとこのような形になっています。お給料から天引きされる項目もありますが、プラスになるようなシステムも多く頑張りようによっては平均月収〇千万も夢ではなさそう。またこの項目が見れていれば、悪質なお店かどうかも給与明細をチェックするだけで判断ができそうですね。ぜひ今後に役立ててみてください。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP