※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

今から使える!「キャバクラの専門用語」これさえ覚えればOK

# # # # #

今から使える!「キャバクラの専門用語」これさえ覚えればOK

キャバクラや夜職で働き始めようという女性は、最初、その独特な雰囲気に戸惑うかもしれません。みんな競うようにお客様の指名を狙い、お店によってマナーなども厳しかったりします。

その上で、専門用語もたくさんあるため、最初は何を言われているかもわからない方もいるかもしれません。

そんな方のために、今回はキャバクラの専門用語をまとめました。

働き始めの際のご参考になると幸いです。

キャバクラの専門用語(あ〜わ行)

あ行

・アイス

ドリンクに入れる氷の事。

・アール

予約の事。お店によっては指名を意味することも有り。

・合番(相番)

複数名で来店したお客様グループについたキャバ嬢同士の事。

・朝キャバ

早朝から営業しているキャバクラの事。

・アフター

営業終了後にお客様と食事やカラオケにいく事。

・アリバイ対策

キャバ嬢をしている事を知り合い、家族等にバレないように対策をとる事。

・アンダー

18歳未満の事。18歳未満は法律上キャバクラでは働いてはいけない。

・痛客

暴言を吐いたり女の子に嫌がられる行為をとるお客様の事。

・インビ

サービス券の事。インビテーションの略。

・色恋営業

お客様に、恋愛関係にあるように思わせて来店を促す営業手法。色営、色カノともいう。

・色恋管理

ボーイや関係者が、キャバ嬢と恋愛関係になりお店から離れないよう管理する事。色管ともいう。

・印取り

給料日以外でお金を受け取る際にハンコを押す事。日雇いや体験入店などの報酬時に使われることもある。

・裏引き

お客様を店舗に呼ばずに会い、プレゼントを受け取ったりする事。お店によっては罰則対象となる。

・裏書き

指名していないお客様に、自分の電話番号や連絡先を渡す事。

・売り掛け

キャバ嬢がお客様の支払いを肩代わりする事。お客様から回収できない場合、給料天引きとなることもある。

・営業

お客様に電話やメール、LINEなどで来店を促す事。

・枝

2回以上来店したことのあるお客様の、お連れ様の事。

・お茶をひく

キャバ嬢にその日の指名が一本も無かった時の事。

・オープンラスト

お店の開店から閉店までいるお客様の事。オーラスともいう。

・オールタイム

お店の開店から閉店まで、何時に入店しても料金が変わらない事。

・送り

キャバ嬢を希望の場所まで送る事。

・親バレ

家族にキャバクラで働いていることバレてしまう事。

・オンリー

来店したお客様にキャバ嬢が一人もついていない状態の事。

・オーダーマッチ

お客様の相手をしておりスタッフを呼べない時に使う合図の事。

か行

・顔出し

お店のホームページや看板にキャバ嬢の写真を載せる事。

・顔バレ

知人、親族にキャバクラ務めがバレてしまう事。

・掛け縛り

お客様の支払いのツケなどを使って脅す行為の事。

・掛け持ち

本業で昼の仕事をしていてダブルワークで働くキャバ嬢の事。

・飾りボトル

テーブルや店内の装飾のために空の状態で飾ってあるボトルの事。

・空名刺

名前の部分が空白になっている名刺。体験入店時などに利用するもの。

・カラチケ

カラオケのチケットの事。10枚綴りなどで販売していることが多い。

・カワシボ

乾いたおしぼり。

・完全飲み直し制

延長料金が無いお店の事。時間が過ぎると自動的に1セット分の料金が加算されるシステムとなっていることが多い。

・客引き

お店の外でお客様の来店を促す行為。現在法律で禁止されている。

・キャッチ

路上を歩いている女の子を、キャバ嬢としてスカウトする事。

・キャスト

キャバクラで働いている女性の事。

・キャッシャー

お金の管理をするところ。会計担当者を指すこともある。

・キャバドル

トップキャバ嬢に与えられる称号のようなもの。

・キモ客

外見や性格が気持ち悪いお客様の事。

・疑似恋愛

キャバ嬢と架空の恋愛をする事。

・黒服

黒いスーツを着た男性スタッフ・ボーイの事。

・口開け

開店して最初に来たお客様の事。

・クラブ

キャバクラより高級感が有り時間制限等が無いお店の事。複数人の女の子がつくことが多い。

・ゲストグラス

お客様用のグラス。

・ゲスタン

ゲストタンブラーの略で、お客様用のタンブラーのこと。

・源氏名

お店で使用する偽名の事。

・固定客

特定の店舗やキャバ嬢に通い続けるお客様の事。

さ行

・サービス料

飲食代とは別に、キャバ嬢の接客に支払うお金の事。

・サバを読む

年齢を偽って言う事。

・3番

トイレの隠語。お客様にトイレにいくと言うのが耳に入らないように使われる。お店によって1番や10番だったりする。

・GS

キャバ嬢が最初に飲むドリンクの事。

・指名

お客様が気に入った子を指定して滞在中固定で接客する事。

・指名替え

お客様がそれまで指名していたキャバ嬢と違うキャバ嬢を指名し始める事。

・指名料

指名した時に発生する追加料金。

・場外指名

入店前に指名する事。

・場内指名

接客を受けている途中で指名する事。

・写真名刺

写真入りの名刺の事。

・ショータイム

キャバ嬢の出演するショーの時間。

・自由出勤

キャバ嬢が好きな時間に宣言して出勤していいシステム。

・地雷嬢

周囲から嫌われている嬢の事。

・趣味マク

趣味でお客様と肉体関係をもつ事。

・新規

初めてお店にきたお客様の事。

・スライドシステム

キャバ嬢の売上により時給やバックが増減するシステム。

・繊細客

全く追加でお金を使わないお客様の事。

・送迎

仕事終わりにキャバ情を自宅まで送り届けるサービス。

・育てる

お金を使わないお客様を、お金を使うようにしていく事。

・粗相

お客様に失礼な行為や言動をしてしまう事。

た行

・待機

お客様を待っている状態。

・体験入店

一日体験して仕事内容やお店の雰囲気を確認する事。

・チェック

お会計のこと。

・チェンジ

担当したキャバ嬢が気に入らない場合に、変更すること

・ツメシボ

冷たいおしぼりの事。

・同伴

キャバ嬢がお客様と食事などをしてから一緒に入店する事。

な行

・ナンバー

キャバ嬢さんの格付けの事。

・ニュークラブ

キャバ嬢がお客様の横に座り、1対1で接客をするお店の事。

・ノルマ

指名や同伴などで達成しないといけない目標の事。

は行

・ハウスボトル

セット料金に含まれる飲み放題のボトルの事。

・罰金

無断欠勤などに対しての罰則で、給料天引きとなることが多い。

・バック

指名や同伴、アフターなど売上の一部を給料として還元する事。

・日払い

お給料を前借りする事。

・太客

頻繁に来店してくれたり、大金を使ってくれるお客様。

・フリー

指名なしでの来店。

・ヘルプ

指名席が2席以上あるキャバ嬢のサポートでつく事。

・細客

来店頻度も少なく、お金もあまり使わないお客様。

・ボトルキープ

ボトルのお酒を頼み、名前入りで残してもらう事。

ま行

・枕営業

お客様と肉体関係をもつことで指名をとり売上を伸ばす営業方法。

・店前同伴

お店の前で待ち合わせてすぐに入店する事。

や行

・友人紹介料

店舗に知り合いを誘い、入店したら貰える紹介料。

ら行

・リピーター

お店に頻繁に通ってくれるお客様の事。

・レギュラー

定休日以外毎日出勤しているキャバ嬢の事。

・レディースグラス

キャバ嬢用のグラスの事。

わ行

・割り物

お酒を割る飲み物の事。緑茶、トニックウォーター、ジンジャーエール、水など。

その他よく使われるキャバクラの専門用語

上記の用語がよく使われる用語ですが、他にも知っておくと便利な用語もご紹介します。

「オーバー場内」とは1人の客が独り占め!? 

オーバー場内とは一人のお客様が複数のキャバ嬢を指名する事です。入店後に指名する場内指名を複数人に対して行う事もあれば、本指名があって入店しているものの、別のキャバ嬢も気に入ったため、本指名に加えてオーバー場内を行うと言う事も有ります。

もし本指名があった上で、オーバー場内で接客につく場合は、あくまでも本指名をもつキャバ嬢のお客様、と言うのが基本スタンスとなります。

そのため、オーバー場内で入ったキャバ嬢はその点を理解しつつお客様との距離を図る必要がある場合があります。

「メンバー出勤」は人気キャバ嬢の証?

メンバー出勤とは、メンバーになっているお客様が来店して、出勤日でないキャバ嬢を指名した場合に、急遽出勤して対応する事です。

お客様との関係を長く保つため、休日返上で働くことになります。メンバー出勤をした場合、対象のお客様のみを接客することが基本となります。

人気キャバ嬢ほど、指名を取れるお客様が多くなり、急にお客様の対応が入ってしまうものですが、メンバー出勤が多いほど、休日にもそういった対応が入ってしまうほど人気のキャバ嬢であると言えます。

まとめ

キャバクラや夜職の世界では、専門用語だけでもこれだけ覚えることがありとても大変なお仕事といえます。

一方で、トップキャバ嬢はとても華やかで憧れる人も多く、また人気のキャバ譲となっていくと、とんでもない高収入を得る事もでき、夢のある職業でもあります。

そんな世界を登っていくための第一歩として、まずは専門用語をしっかり身に付けてお仕事のスタートを切っていきましょう。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP
TokyoNightWorker
LINE応募 LINE応募