※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

覚えておきたい!キャバクラでセクハラされた時の7つの対応策とNGな言動

# # #

覚えておきたい!キャバクラでセクハラされた時の7つの対応策とNGな言動

キャバクラで働くと避けて通れないのが、お客様からのセクハラですよね。

卑猥な発言やボディタッチなど、とにかくやめてほしい言動に悩まされる事でしょう。一方で売上のためには、ある程度は我慢しなきゃ、と考えると、どんな対応をしていいかわからなくなりますよね。

今回は、そんなお悩みを解決するセクハラ対策についてご紹介します!

キャバクラされるセクハラってどういうもの?

キャバクラで特に多いセクハラは、以下のようなものです。

  • 卑猥な発言をされる
  • 隣に座った時に密着してくる
  • 太ももや腰回り、胸付近などへのボディタッチ

お酒を飲む場でもあるので、お客様も気が緩んでセクハラを普段よりはしがちな場合も多いですが、最も多く女の子が悩むのは、「お触り」への対応ですね。

更にアフターにいくと、キスなど迫られたりと歯止めが効きません。

考えるだけでも嫌になりますよね。

いくらお客様といっても、何をしてもいいわけではありません。

では、実際にセクハラを受けた時の対策について、7つご紹介します。

キャバクラでセクハラを受けた時の7つの対応策とは?

キャバクラでのセクハラはパターンが決まってくるため、これからご紹介する7つの方法で、大抵、回避することができます。

しっかり対策をして、ストレスなく働ける環境を自ら作りましょう!

口頭でセクハラ禁止と伝える

最初にやるべき対策は、セクハラを受けたときに、セクハラ禁止であることをちゃんと伝える事です。

断られないから大丈夫、と思ってやってくるお客様もいらっしゃっています。また、意外に男性は繊細なものなので、一度断られると、それだけで萎縮してやめてくれることも多いのです。

加えて、夜のお店は怖いもの、という先入観を持っているお客様もいます。なので、「こういう事はスタッフに怒られちゃいますよ」と一言添えるだけで効果抜群です。ポイントは、声のトーンも高めにして冗談ぽく伝えたり、お客様のタイプに応じて言い方などを変えたりできると空気も壊さずにできるようになります。

そのため、まずは明確にセクハラ禁止である旨をお伝えしましょう。

少し距離を開けて座る

お客様と距離を取って座ることも、とても効果があります。

お客様からすると、少しスペースができるだけで、手を伸ばしにくくなります。また、距離ができる事で、心理的にも距離感を感じて、気軽に触ったり、踏み込んだようなセクハラ発言をしにくくなります。

でもキャバ嬢からすると、あからさまに座る位置をずらすことも、しにくいですよね。

そんな時は、お手洗いにいく、スタッフに呼ばれた、ドリンクを持ってくるなどの名目で席を立ち、戻るときに座る位置を調整しましょう。

それにより、さりげなくお客様と距離を取れます。

セクハラ客の手元を押さえる

お客様がしつこくボディータッチをしてくる場合は、左方向です手元を抑えるというのも有効です。

シンプルに、触ってくる手を封じることができます。また、手を抑えられることによって、お客様側も、距離が近くなったと勘違いして、満足してくれる場合があります。

どんだけポジティブなんだ!って思いますよね。笑

でも、セクハラ客で面倒だけど逃したくはない、というお客様を、うまく繋ぎ止めるには、とても使えるテクニックと言えます。

嫌だというのを表情や態度に表わす

表情や態度で明確に嫌だというのを表現することも重要です。

例えば、顔をしかめる、お客様の手を避ける、セクハラ発言に必要以上に驚いてみせる、黙る、などの対応が考えられるでしょう。

セクハラをされても明るく振る舞ってしまうと、お客様もオーケーなんだ、と勘違いをしてしまい、エスカレートする原因にもなります。

言葉だけでなく、こういった表情、態度でも明確に示していくことで、セクハラを食い止めることができます。

一方で、どれくらいやればいいのか、という部分については難しいところがありますよね。

キャバ嬢のキャラクターにもよりますが、舌打ちをする、手を強めに振り払うなどはやりすぎとなる場合があります。

バランスに気をつけながら意思を示すよう工夫することも重要です。

お店の関係者を呼ぶ

対策をいくつか実施しても、なお、セクハラ行為を辞めないお客様には、お店の関係者に対処してもらいましょう。

お店ごとに、男性スタッフを呼ぶ時のサインもあると思います。

お店関係者に止められても、やめないお客様はなかなかいませんし、それ以上やれば出入り禁止の処置を取ることもあります。

セクハラのひどいお客様は、固定客になられてもストレスです。

また、そういうお客様は、回数を重ねるごとにエスカレートし、手に負えなくなるでしょう。

ボトルを入れただけで、肉体関係を要求してくる場合もあります。

そんなセクハラ客に、あなたの大切な時間を費やす必要はありません。

お店の関係者に対処してもらい、あなたはもっと大切な他のお客様に集中しましょう。

セクハラし返す

セクハラ発言を繰り返すお客様の中には、あまり考えずにそう言った発言をしていて、相手が嫌がっていることに気づいていないお客様もいます。

そういったお客様には、セクハラし返す、というのも効果があります。

セクハラ仕返されて、お客様側も嫌だと感じることで、反省を促して行動を改めてもらうという流れを作ることができます。

また、強気な態度だったのに、自分が攻められると、急におとなしくなるお客様もいます。

実は、男性はセクハラを受けることには免疫がないことが多いです。そのため、逆に言葉攻めを受ける、ボディタッチをされるなどの仕返しを受けると、恥ずかしくなって黙ったり、固まったりします。

これもセクハラ客を抑える良い方法です。 ただし、稀に、逆セクハラがクセになり、それを目当てに通ってくる場合もあるので注意が必要です。

その話を盛りあげない

セクハラな話題を振られた時、嫌なのに、つい気を遣ってしまったりして、盛り上げてしまうこともあると思います。

でも、セクハラな話題は、笑顔で流すことが重要です。

もしもセクハラな話題で盛り上げたり、話を広げたりしてしまうと、お客様は、喜んでくれていると勘違いして、セクハラな話題がエスカレートしてしまいます。

しっかりと話の流れをコントロールし、嫌な話題は盛り上げないように注意していきましょう!

キャバクラでセクハラされた時にNGな対応は?

ここまでで、どんな方法でセクハラ対策ができるかご理解いただけたと思います。

それでは、逆に、どんな対応がNGとなるでしょうか?

代表的なものを3つご紹介します。

おどおどする

一つ目のNG対応は、おどおどすることです。

おどおどしているだけだと、お客様は、嫌よ嫌よもも好きのうち、という感じで、いい流れになっていると勘違いします。

明確に断らないと、お客様は嫌がってないと思いこみ、押せば深い関係になれるのではと勘違いをします。

結果として、セクハラをエスカレートさせてしまうことになってしまいます。

「お店の決まりだから…」と断る

お店のルールだといって断ることも、NGな対応の一つです。

自分は嫌じゃないけど、お店のルールだから仕方ない、というニュアンスになるので、お客様は、アフターなどで店外に出ればチャンスがあると思ってしまいます。

やはり、明確に嫌だということを伝えることが重要です。

キレる

キャバ嬢として、キレるのは最終手段、できればやらないほうがいい選択肢です。

いくらしつこいセクハラをされても、キレてしまうとお店全体の雰囲気が壊れます。

また、お客様も怒り出してしまうと、トラブルにも発展してしまいますし、暴力を振るわれることもあり得ます。

そしてキャバ嬢として痛いのは、フリーに付けたお客様に対してトラブルになる嬢は、お店としてもできるだけ付けたくないと判断されてしまう点です。

結果として、お店側からも敬遠されて干されることとなってしまいます。

キレる前に、お店の関係者に対処してもらうなど、うまくかわしていくようにしましょう。

キャバクラで安全に働くために回避策を覚えておこう

今回は、キャバクラで働く時に使える、セクハラ対策を7つご紹介させていただきました。

こちらでご紹介した方法をうまく使い分けることで、どんなお客様がきても対処できるようになります。

セクハラ対策をうまく取り入れ。安全にストレス少なく働きましょう。

是非、参考にしていただき、お店で活用してみてください!

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP