※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

高級ラウンジとは?他のナイトワークとの違いやお店の選び方、注意点をご紹介

# # # #

高級ラウンジとは?他のナイトワークとの違いやお店の選び方、注意点をご紹介

ラウンジは気軽に働けることから、女の子に人気があるナイトワークです。

とくに高級ラウンジや会員制ラウンジは、キャバクラ以上の高収入を得ることができるので、副業として働いている女の子もいます。

しかし、仕事内容や採用基準がわからず、アルバイトに不安を感じる人は多いですよね。

また、高級ラウンジに応募するのはハードルが高いと感じているのでないでしょうか?

まずは高級ラウンジについての知識を深め、自分にあったお店を選ぶことが大切です。

この記事では高級ラウンジや他のナイトワークとの違いについて紹介します。

お店選びのポイントの記載しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

高級ラウンジとは

ラウンジとは、キャバクラとガールズバーの中間のようなものでお客さんとお酒を飲みながら会話を楽しむお仕事です。

とくに高級ラウンジは「女性もお客様」という考えから、お酒をつくったり、タバコに火をつけたりするようなお店はほとんどありません。

一見さんお断りのお店もあることから、ある程度ステータスがあるお客さんが来店されます。

また、キャバクラのようにドレスを着用する必要もありません。

私服で気軽に働けることから、副業としても人気があります。

しかし、高級ラウンジの採用基準は厳しいことでも有名です。

経験の有無ではなく、容姿や愛想を重視して採用する傾向があるので、面接はいつも以上に身だしなみのチェックをしましょう。

高級ラウンジの特徴 

高級ラウンジと聞くと少しハードル高いイメージがありますよね。

ただ、客層や時給を詳しく知ることで、高級ラウンジへの不安もなくなります。

まずは高級ラウンジの特徴について知っておきましょう。

客層はやっぱり経営者中心?

一般的なラウンジは、サラリーマンや若い男性の来店します。

しかし、高級ラウンジは一見さんお断りだったり、料金が高かったりするので、経営者など社会的地位の高い男性が多いです。

時給はどれくらい!?気になる給料システムを解説

高級ラウンジのの時給は平均して4,000~6,000円程度なので、キャバクラに比べると少し低めです。

ただ、ラウンジはドリンクバックが高いことから、キャバクラよりも高収入を得ることもできます。

出勤時間は?

営業時間は20:00~深夜1:00ぐらいなのでキャバクラと同じような営業時間です。

ただ、高級ラウンジは厳しいノルマもないので、基本的に自由に出勤時間を決めることが可能です。

なかには、同伴やアウターを行っているラウンジもあるので多少時間が前後することもあるようです。

高級ラウンジと他業種との違いは?

高級ラウンジの特徴を見ても、他のナイトワークとの違いはよくわからないですよね。

そこで高級ラウンジと他業種の違いにフォーカスを当てて解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

キャバクラ

キャバクラは、お客様と一対一で接客します。

ドリンクの水滴を拭いたり、タバコに火をつけたりするなど、接待の要素が強いのもキャバクラの特徴です。

キャバクラは時給高めですが、厳しいノルマがあるお店もあるので売上へ意識が重要になります。

お客さんに指名してもらうためには、ある程度出勤数が必要なのでキャバクラ1本で働く女性も多いです。

クラブ

クラブは銀座や六本木にある、ママが在籍しているお店です。

接待を伴う飲食店なのでキャバクラとも似ていますが、クラブはママのお客さんをキャストが接客するというのが特徴です。

そのため、一人で大人数のお客さんを接客することもあります。

クラブにもキャバクラと同様にノルマがあり、本業として働く女の子が多いです。

またクラブの客層は、どの業種より社会的地位が高く、紳士な男性が来店されます。

経営者や政治家のお客さんもいるので、入店するには教養の高さも求められます。

ガールズバー

ガールズバーは、お客さんとカウンター越しで会話をする接客スタイルです。

お客さんの隣に座って接客することはありません。

また、キャストが自ら客引きするのも、ガールズバーの特徴です。

ガールズバーは、キャバクラや高級クラブのような厳しいはないので、時給は低めです。

しかし、早朝まで営業しているので、長い時間働くことができます。

ラウンジ

ラウンジもキャバクラやガールズバーと同じようにお酒を飲みながら、会話を楽しむ接客スタイルです。

しかし、ラウンジはお客さんのタバコに火をつけるなどの接待要素が少なめ。

また、週1~から勤務でき、出勤も自由に決められることから、副業として働いている女の子もいます。

気軽に働けるイメージですが、女の子の採用基準は高めです。

容姿はもちろんですが、愛想の良さも必要になります。

自分に合う高級ラウンジの選び方

高級ラウンジといっても、営業スタイルやお店の雰囲気などは、お店によって違います。

自分にあった高級ラウンジを選ぶには、どのようなポイントをチェックしたら良いのでしょうか?

後悔しないお店選びをするためには以下の項目をチェックしましょう。

営業スタイルは?

お店の雰囲気は?

稼げるお店か?

採用基準は?

求人内容は本当か?

それぞれ解説していきます。

営業スタイルは?

高級ラウンジはキャストがお客さんのお酒を作ったり、ドリンクの水滴を拭いたりすることは、ほぼありません。

そのため、会話を重視する高級ラウンジが多く、高いトークスキルが必要です。

トークに不安がある場合、ラウンジでもガールズバーのようなラフなお店を選ぶのもおすすめです。

また、なかにはおさわりができる風俗店のようなラウンジもあるので、求人情報をしっかりと確認しましょう。

お店の雰囲気は?

高級ラウンジのキャストの年齢層は、20代後半からと年齢層が高めです。

また、来店されるお客さんも紳士な男性が多いので、落ち着いた雰囲気の女性が好まれます。

ただ、高級ラウンジもお店によってコンセプトや年齢層も違うので体験入店

などでお店を比較して選ぶ方法が良いでしょう。

稼げるお店か?

高級ラウンジは、お店によって給与形態がちがうので、必ずしも高時給とはいえません。

時給は平均的でも、ドリンクバックで稼ぐことができる高級ラウンジもあるので求人情報にしっかり目を通しておくことが大切です。

また、高級ラウンジは自由に出勤できるお店が多いので、出勤するキャストの人数によってはシフト調整が入ることもあります。

思ったより稼げないと感じることもあるので、入店前にお店に問い合わせておきましょう。

採用基準は?

高級ラウンジや会員制ラウンジは、女の子の採用基準が厳しいです。

高いトークスキル、容姿、水商売の経験値など求められることもあります。

そのようなラウンジでは、時給の高いので高収入を得ることが可能です。

ただ、採用基準のお店によって違うので求人情報などをチェックしてから応募しましょう。

求人内容は本当か?

高級ラウンジだと思ったらガールズバーだったという意見も多く、求人情報だけでは見極められないのが現状です。

時給に関しても求人情報だけではわからないので、まずは直接お店に問い合わせてみるのが一番確実です。

また、体験入店でお店の仕事内容を経験してみるのも良いでしょう。

高級ラウンジの多いエリアは?

高級ラウンジは東京都に約30店舗以上あるといわれています。

とりわけ、高級ラウンジが多い地区は、恵比寿・銀座・西麻布です。

入店する場合、通いやすいことも重要ですが、客層なども含めて総合的に判断する必要がありますね。

老舗が多い「恵比寿」

恵比寿の高級ラウンジは老舗が多く、女の子からも人気のあるエリアです。

ドラマのロケに使用されたことがある「ロケッツ」や大手高級ラウンジグループの「ヴァレラ」など、約6店舗の高級ラウンジが有名です。

モデルや芸能の仕事をしている女の子が在籍していることから、採用基準は高めです。

採用されると、ドリンクバックが高いことから、高収入が期待できます。

ステータス高めな客層「銀座」

銀座はクラブが点在するエリアなので、ステータスの高いお客さんが多く来店されます。

クラブ文化が色濃く残っているので、高級ラウンジ約3店舗と少なめ。

大手ラウンジグループが率いる「ロッセ」は高収入が得られると定評があります。

高級ラウンジ激戦区「西麻布」

西麻布は高級ラウンジ激戦区で、同じビルに数店舗のラウンジがある場合もあります。

お客さんでにぎわっているお店が多く、売上もトップクラスです。

女の子からの人気が絶大な「アジト」や「ロジック」など約10店舗の高級ラウンジがあります。

女の子の採用基準は高めですが、ドリンクバックなど稼げるシステムが充実しています。

なかにはお客さんが滞在している間はずっとバックが発生するお店もあるので、高収入を狙うなら西麻布はおすすめなエリアです。

まとめ

今回は高級ラウンジや他業種との違いについてまとめました。

高級ラウンジは敷居が高いイメージですが、お店によって仕事内容に違いがあります。

自分にあったお店を選ぶために、求人情報やエリアなどを把握しておくことが大切です。

また、実際にお店に問い合わせてみるのも良いでしょう。

ぜひ、後悔しないお店選びの参考にしてくださいね。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP