※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

営業のコツ

売れるキャバ嬢とはどういう人のこと?お客さんのハートを掴む6つのコツ

# # # #

売れるキャバ嬢とはどういう人のこと?お客さんのハートを掴む6つのコツ

キャバ嬢の中には、人気のあるキャバ嬢とそうでないキャバ嬢がいます。

両者の違いは、意識や行動、マナーなど目に見えにくいものや些細に思えるようなことかもしれません。

しかし、その小さな違いが人気の秘訣でもあります。

では、売れているキャバ嬢の条件とはなんでしょうか。

ここでは、売れるキャバ嬢になるためのコツをお伝えしていきます。

売れるキャバ嬢とは?

キャバクラに在籍しているキャバ嬢はさまざまで、一人ひとりの見た目や話し方が違うのは当然ですし、それぞれに個性や特徴があります。

しかし、売れるキャバ嬢と売れないキャバ嬢の差は、「やる気の違い」「話のネタの豊富さ」「空気を読む力」「自分本位の営業をしていないか」という部分によって生まれます。

それでは、売れるキャバ嬢になるために必要なスキルを詳しく見ていきましょう。

やる気満々

売れるキャバ嬢は、なんと言ってもやる気があります。

そして、やる気の差が一番表れるのは出勤数です。働いていると、どうしても気分が乗らない日もありますし、体調がすぐれない日も出てきます。

それでも、やる気があるキャバ嬢は毎日のように出勤しますし、自分の都合で欠勤したり遅刻をしたりするようなことはありません。

ただ出勤するだけではなくて、営業前の時間を利用してお客さんに営業メールを送り、その日の指名のお客さんの予定も立てるのです。

やる気がないキャバ嬢は、自分の気分に合わせて出勤しますし遅刻や欠勤をしてしまうルーズな方が多いため、必然的に売れないキャバ嬢となってしまいます。

話のネタが豊富

キャバクラに来るお客さんは、女の子とお話をしたり自分の話を聞いてもらったりするのを楽しみに来店しています。

お酒を飲んで楽しくなりたいだけという方もいらっしゃるかもしれませんが、やはりキャストとのコミュニケーションを通じていい気分になりたい方が多いです。そこで大事なのが、会話のネタの豊富さです。

売れるキャバ嬢は、どのようなお客さんにも対応できるように毎日のニュースチェックを欠かしません。ニュースをチェックすることで、時事ネタについていくことができるからです。

また、ゴルフや野球などのスポーツの話題も、興味がないからといって知る努力を怠ってはいけません。売れるキャバ嬢は、さまざまな知識を日々吸収して、話題を増やし続けています。

たとえわからない話題が出たとしても、お客さんを立てるなど工夫しながら接客をすることが売れるキャバ嬢への一歩になるのです。

空気が読める

売れるキャバ嬢は空気を読むのが上手です。その場の空気に合わせて臨機応変な対応をして、お客さんに心地よく過ごしてもらいましょう。

たとえば、お客さんが真面目な話をしているときに、大きな声で遮られたり話題を急に変えられたりしたらどうでしょうか。

自分が思った通りに好きなタイミングで発言してしまうと、お客さんは気持ちよく過ごすことができません。接待の席であれば、接待される側をきちんと立てるなど、売れるキャバ嬢にはその場の空気を感じとる力が求められるのです。

自分本位の営業ではない

キャバクラ店は、自分一人で成り立っているわけではありません。自分以外のキャストやスタッフ、お客さんなどたくさんの関係者で成り立っています。

それを理解しているからこそ、売れるキャバ嬢は自分の利益だけを考えて仕事をしません。相手のこと、お客さんのことをよく考えて、お店全体をよくしていこうという意識が大事なのです。

反対に、ヘルプの女の子やお客さんを見下したり、自分勝手な接客や行動をしたりすると売れないキャバ嬢になってしまいます。

売れるキャバ嬢になるために必要な最低限のマナー

売れるキャバ嬢は接客時のマナーをきちんと理解しています。接客には基本的な仕組みやルールがあり、それを実践できなければ行き届いたサービスとは言えません。ここからは、売れるキャバ嬢になるために必要なマナーについて紹介します。

挨拶は席につく前に

挨拶は席につく前にするのが基本です。初めてつくお客さんのテーブルには、お店のボーイさんが案内してくれますので、テーブルの前で立ち止まりお辞儀をしましょう。歩きながらではなくしっかりと立ち止まって挨拶するのがポイントです。

また、指名で来店したお客さんには、感謝の気持ちを伝えましょう。何度も指名してもらうとないがしろになりそうですが、毎回感謝を伝えることでこれまで以上の信頼関係を構築することができます。

名刺は両手で

名刺は自分をアピールするのに役立つツールです。初めてのお客さんには必ずお渡ししましょう。お客さんは一度の来店で複数の女の子とお話をするので、挨拶だけでは覚えてもらうのは難しいです。名刺をお渡ししておけば、名前を呼んでいただきやすくなり覚えてもらう確率も上がります。

また、名刺を渡す際のマナーとしては、必ず両手で渡すことと名刺をいただいた際は手元に置いておき、しまう際もポーチに直接入れずに名刺入れに入れることです。一枚の紙ではありますが、お客さんの大切な情報が詰まっているので丁寧に扱うことが求められるのです。

ちなみに名刺を渡していいのはフリーで来られたお客さんだけなので、この点は注意が必要です。

たかがおしぼりと思わない

おしぼりを軽率に扱ってはいけません。というのも、お客さんが来店してからはじめてリラックスするタイミングだからです。基本的なおしぼりの扱い方は以下のようになっています。

・お客さんが席についたら、はじめにおしぼりをお渡す

・使用されたおしぼりは、そのままにせず、小さく畳んで置いておく

・お客さんがお手洗い等で離席された場合は、新しいおしぼりに交換する

最初にお渡しして終わりではなく、常におしぼりがどのような状態になっているかどうか気にしておきましょう。

タバコの火は自分の手元で着火

キャバクラで喫煙されるお客さんもいらっしゃいます。売れるキャバ嬢は、喫煙される仕草を見せられたら、すぐにライターを取り出して火をつけます。

その際に、お客さんの近くで着火してはいけません。火が大きく出たときに火傷することがないように、自分の手元で着火して火に手を添えた上でお客さんの口元へ持っていきます。また下記のようなルールもあるので確認してくださいね。

・灰皿を交換するタイミングは2本以上の吸い殻が溜まったら

・自分が喫煙者でたばこをを吸うのであれば、お客様に了承を得る

営業はしないと忘れられる

長い間、お客さんとコミュニケーションを取らなければ、自分のことはどんどん忘れられてしまいます。お客さんも日々の仕事や生活があるのでその中に少しでも自分の存在をアピールしていきましょう。

売れるキャバ嬢は、自分のことを忘れられないように、お客さんにLINEで連絡したり近況報告をしたりしています。その努力もせずに出勤して店内で接客するだけでは、売れるキャバ嬢になることはできないでしょう。

営業せずに売れっ子になるコツ

営業しないと忘れられてしまうといっても、ガツガツした営業が苦手だったり、頻繁に連絡をするのは迷惑なのではないかと気を遣ったりする方もいらっしゃると思います。営業が苦手なキャバ嬢には以下の方法がおすすめです。

お客さん情報を管理する

お客さんからすれば再び来店したときに、自分のことを覚えてくれているのは嬉しいですよね。そしてその情報が細ければ細かいほど、好感度は上がります。そのためにも、接客したお客さんの情報はきちんとメモしておきましょう。

好きなお酒、たばこの銘柄、お休みの日、人柄、誕生日、どんなことを話したかなどを記録しておくことで、お客さんに自分が覚えていたことをアピールすることができるのです。お客さんの情報管理は売り上げに結びつきますので、実践してみてください。

コツコツ努力する

どんなことにも通じることですが、コツコツ努力を続けることは大事です。お客さんの情報をマメに管理することもそうですが、ニュースに目を通しておいたり、ヘアメイクや化粧をきちんと整えたり、日々の積み重ねこそが売れるキャバ嬢への近道と言えるでしょう。

営業が苦手でもできることを毎日一生懸命取り組むことで結果は変わってきます。何も考えずにただ出勤しているだけでは売れるキャバ嬢にはなれないのです。

一人一人特別扱いする

お客さんに特別感を持ってもらうことはとても大切です。どういうことかというと、お客さんはたくさんいるのに「自分だけ特別扱いされている」と思わせるということです。来店しているお客さんは大勢いらっしゃいますから、その中で自分だけ特別と言われると嬉しいですよね。

いつも強気なキャバ嬢が、自分だけに弱い姿を見せるなど、やり方はさまざまありますので、自分らしい特別感の出し方を考えてみてください。

モテる動作をする

モテる動作というのは、女性らしい仕草のことを指します。ふとした瞬間に出るそういった仕草で、お客さんを夢中にさせましょう。

具体的には、お客さんと目があったら微笑んで目配せをしたり、左にあるものを右手で取るクロスの法則を使ったりします。椅子に浅く腰掛けて、足を斜めにして座るのも女性らしい仕草です。意識しないと難しいかもしれませんので、まずは積極的に取り組んでみてはいかがでしょうか。

接客術を学ぶ

接客術は積極的に学びましょう。特に周りの売れているキャストや一緒についた女の子は一番身近な教科書です。いいところは貪欲に吸収するという姿勢で取り組んでください。

つまらない話や興味のない話が出ることがあってもきちんと相槌をうったり、あまり自分から話さないで女の子の話が聞きたいタイプのお客さんには、話題を用意しておくなどお客さんに合った接客を目指しましょう。

少しのボディタッチをする

ボディタッチは、過度に行ってしまわない限りとても効果的です。たとえば、お酒を取るときに手や膝に触れたり、膝の上に手を置いて話したりすることが挙げられます。

これをさり気なく控えめにできれば、恋愛で意識している人に触れてドキッとするような感覚を提供できるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。売れるキャバ嬢は簡単になれるものではありませんが、これまでにお伝えしたことに取り組むことができれば、売り上げに反映されていくはずです。

基本的なことほど意外と見落としてしまいがちですので、自分はちゃんとできているか定期的に振り返るのもおすすめです。一人ひとりのお客さんに真摯に向き合いながら、売れるキャバ嬢を目指しましょう。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP