※18歳未満(高校生含む)の方の閲覧はご遠慮ください

仕事の常識

【必見】ガールズバー体入って何するの?流れや必要な持ち物を紹介

# # # # #

【必見】ガールズバー体入って何するの?流れや必要な持ち物を紹介

ガールズバーは、お酒を飲みながら会話を楽しむバースタイルのお店です。

自分のペースで働くことができるので、ナイトワーク初心者に人気があります。

しかし、ガールズバー未経験者にとって、いきなり入店するのは怖いと思うのが正直な気持ちですよね。

安心して体入するためには、どのような準備が必要でしょうか?

まずは、体入の流れやお仕事の内容などを把握することが大切です。

この記事ではガールズバーの体入について詳しく解説しています。

未経験者にもわかりやすい内容なので、ぜひ最後までお読みくださいね。

ガールズバーの体入とは?

ガールズバーの体入とは、お店に入店して接客などを体験することです。

女の子が気軽に働けるように、多くのナイトワークで体入を取り入れています。

体入の最大のメリットは、お店の雰囲気やキャストの様子を見てから、入店の有無を決められることです。

どんなお店なのかわかった上で入店するので、安心して働くことができます。

例えば、一部の悪質なお店は、求人情報と本当の仕事内容が違うことがあります。

とくに未経験者はトラブルに巻き込まれることが多いので、入店後に後悔するケースも考えられますよね。

体入は、事前にお店のスタッフがお仕事内容を説明してくれるので、未経験者でも安心して体験することができます。

また、体入しても正式に入店するよう強要されることはありません。

自分にあったお店を見極めるためにも、必ず体入してから正式に入店しましょう。

ガールズバー体入の流れ

未経験者にとって体入に不安を感じるのが正直な気持ちではないでしょうか。

安心して体入するためにも、以下の流れを押さえておきましょう。

・入店

・ヘアメイク&着替え

・仕事内容の説明

・接客

・お給料をおただく

ほとんどのガールズバーは面接した後に体入できるお店が多いです。

入店と同時に面接をし、お仕事の説明をしてもらいます。

貸衣装などの着替えが必要な場合もスタッフの案内に従いましょう。

ヘアメイクに関しては特別にこだわる必要はありませんが、アレンジして自分の個性をアピールするのもおすすめです。

また、お店によっては面接と体入を別の日に設定しているガールズバーもあります。

理由は、入店する気がないのに体入してお給料をもらう「体入荒らし」を防止するためです。

体入は入店希望者のために実施している体験なので、体入荒らしのような行為は絶対やめましょう。

もちろん、体入してお店が自分に合わなかったら入店をする必要はありませんよ。

体入の日程に関しては、あらかじめお店に問い合わせておくと安心です。

入店

ガールズバーであっても体入の5分前にはお店につくようにしましょう。

体入はお給料が発生するので、遅刻は厳禁です。

ガールズバーによってはお店のスタッフが近くの駅まで迎えに来てくれるケースもあります。

事前にスタッフと打ち合わせしておくと安心ですね。

ヘアメイク&着替え

高級店ではない限り、ガールズバーではヘアメイクさんが常駐しているお店は少ないです。

基本的には自分でヘアメイクします。

ヘアメイクはお店のコンセプトに合わせたスタイルがおすすめです。

バニーガールやメイドなどのコンセプトがあるガールズバーなら、ヘアスタイルをアレンジしてみるのも良いでしょう。

またガールズバーによって、貸衣装を用意しているお店もあります。

お店のスタッフの指示に従い、ロッカールームで仕事の準備をしてくださいね。

仕事内容の説明

お店のスタッフから、お店の決まり事、報酬の仕組み、お仕事の内容、など

の説明を受けます。

源泉徴収についても聞いておくと、より安心ですね。

また、ガールズバーには専用ドライバーが自宅まで送ってくれるお店もあります。

体入でも利用できるので、スタッフに送りの有無について話ておきましょう。

連絡事項を聞いた後は、本格的に仕事の方法を伺います。

ガールズバーではお客さんの隣に座って接客することはなく、カウンターなどを挟んで会話を楽しむ仕事です。

お店によってはキャストが簡単な客引きをする場合もあります。

接客では、お客さんのドリンクの水滴を拭いたり、タバコに火をつけたりする動作もあるので、メモを取るなどして仕事内容を把握しましょうね。

接客

体入では笑顔で会話できるように心がけます。

ガールズバーのお客さんは、接客のプロを求めているのではなく、女の子と会話を楽しむために来店します。

ガールズバー未経験者でも寛容なお客さんが多いので、リラックスして接客しましょう。

不安な場合は、先輩キャストと一緒に接客してもらうこともできます。

また、お客さんのドリンクを作ることもキャストの仕事です。

指導を受けながら、仕事を覚えましょう。

お給料いただく

ガールズバーの体入は日払いなので、当日に給料を頂きます。

お店によっていくらもらえるかは異なりますが、一般的なアルバイトよりは高時給な場合が多いです。

体入後スタッフから、正式な入店を打診されることもあります。

しかし、お店が自分に合わないと感じたら、入店を断ることも可能です。

お店の雰囲気や仕事内容などを納得した上で、入店することをおすすめします。

ガールズバー体入時に必要な持ち物

ガールズバーに体入したいと考えた時、どんな持ち物が必要なのか知っておいた方が良いでしょう。

場合によっては体入をお断りされることもあるので、前日に持ち物のチェックをします。

体入は履歴書が不要な場合が多いですが、事前に問い合わせておくと安心です。

体入時には以下の持ち物を持参します。

・顔つき身分証明書

・スマホ

・ハンカチ

・メイク道具

・筆記用具

顔写真付き身分証明書

体入するためには顔写真付きの身分証明書を必ず持参します。

顔写真付きの身分証明書は、顔や年齢などを確認するための重要な証明です。

風営法で定められた法律なので、ないと体入できません。

場合によっては、不採用になることもあるので、忘れないようにしましょう。

顔写真付きの身分証明書には、運転免許証・パスポート・マイナンバーカード(顔写真付き)などがあるので、いずれか一つを持参します。

スマホ

スマホはガールズバーの場所を地図で確認したり、お店に問い合わせる際にも必要です。

また、正式に入店を決めたときに連絡先を交換する際にも利用します。

最近のガールズバーはSNSで情報を発信しているお店も多いので、お客さんと交流するツールとしてもスマホはなくてはならないものです。

ハンカチ

ガールズバーでは、お客さん用ドリンクの水滴を拭くこともあるので、ハンカチはマストアイテムです。

接客に不要であっても、お手洗いや何かをこぼしたときなどにも使用できるので、マナーとして持っていきましょう。

メイク道具

ガールズバーの体入には最低限のメイク道具を持参しましょう。

ガールズバーは接客業なので、メイクは必須です。

ただ、自宅でメイクしても、時間がたつとテカリやメイク崩れが目立ちますよね。

こまめにメイク直しができるよう、リップやファンデーションなどをポーチに入れておくと便利です。

ロッカーがあるお店なら、預けることもできます。

筆記用具

筆記用具は、お仕事内容をメモするために必要です。

ガールズバーは接客だけでなく、ドリンクも自分で作るお店もあります。

難しいレシピもあるので、ポケットに入るくらいのメモ帳と筆記用具があると良いでしょう。

お客さんの名前を覚える時にも役に立ちます。

ガールズバー体入で最適な服装

基本的にはどんな服装でもかまいません。

私服のまま体入するガールズバーなら、ワンピースやスカートなど女性らしい服装はお客さんにも好印象ですね。

またお店で貸衣装を用意しているガールズバーもあるので、あらかじめ問い合わせておきましょう。

まとめ

この記事ではガールズバーの体入や必要な持ち物などを詳しく解説しました。

ガールズバーは気軽に入店できるのでナイトワークデビューにおすすめです。

体入前日には、必要な持ち物をチェックして、お店の場所なども把握しておきましょう。

とくに顔付きの身分証明書は忘れてはならないものです。

自分にあったお店を探すためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

line相談
電話応募 WEB応募 LINE応募 PAGE TOP